一級建築士製図

【合格時再現図ご紹介】一級建築士製図試験はフリーハンド多用でも合格できます。

一級建築士製図再現図

私は決して製図が得意な人間ではありませんが、平成29年度の一級建築士製図試験を資格学校に通うことなく合格することができました。

得意ではないから、色々と模索して自分なりの製図の仕方や順番を学習していき何とか合格できたのです。

私のように製図が苦手な方も、時間内に終わらなくて焦っている方も短期間で合格圏内に進めるように、できるだけ細かく具体的に記事にしています。

この記事の要約

  • 再現図を公開/一級建築士製図試験はフリーハンドでも図面の密度が薄くても図面が汚くても合格できた。
  • 平成29年度製図試験ではエントランスホールや宿泊室のプランニングだけでも不合格かどうかが判別できた。
  • 製図試験の合否は特定の場所のプランニングのいかんによって大きく左右され、それが解けていない場合はどれだけ丁寧で綺麗な図面を描いていても不合格になってしまう。

一級建築士製図試験はフリーハンド多用しても合格できます。再現図を交えてご紹介します。

私は資格学校に通うことなく平成29年度一級建築士製図試験に合格することができました。私の製図内容は資格学校で頑張っておられる方からすると拍子抜けするような密度やクオリティ(製図自体の)だと思います。再現図を描きましたので内容は後でご覧いただくとして、ここで私が感じてほしいのは、

「あぁ、こんなもんでいいんだ~」という感想です。程よく見下げてくださって結構です。

資格学校で頑張っている方々の中には

「図面の密度が薄く、印象が悪い」とか

「私が採点者だったらフリーハンドのこんな汚い図面は採点する気にならない」などの指導のほか、

「フリーハンドで味がでるタイプの人ならフリーハンドでもよい」

のような指導をされることで、結局のところ合格するためには製図の綺麗さや丁寧さが大切だと感じている人が多いようです。

しかし、実際に合格している人は綺麗とか汚いから合格、不合格が決まっているのではなく、採点者が減点できないようなプランや図面内容になっているということです。

つまり、

図面の綺麗さより、内容で決まっている

という身も蓋もない結論だと私は考えています。

私がなぜそういう考えにいたったかもこの記事では書いていますので、ぜひ最後までご覧いただければと思います。

本当に図面が綺麗でないと合格できない試験なのか?

まずは私がどのような図面で合格できたか再現図を公開したいとおもいます。

再現図

 

 

 

 

レイアウトは少し違うと思いますが線や文字の仕上がり、情報の密度はこの通りで間違いありません。いかがでしょうか?資格学校に行かれている方々にとってみれば、気が抜けるほどの情報量ではないでしょうか。

家具や設備は最低限空間の使い方が明示できる程度に基本的にはフリーハンドで書いています。また長く一気に引けない小さなクランクのある壁などもフリーハンドで書いています。外構の芝や草木も同様ですべて描いても1分かかっていないと思います。

全ては早く図面を完成させる事を目標としています。早く図面を完成させる理由や描く順番についてはまた別でお伝えしたいと思います。

「この程度の内容で合格できたって本当か?」「試験官が見落としていたのではないか?」また、「再現図だからって手を抜いたんじゃないか?」という声が聞こえてきそうですが、とりあえず本番同様に本気を出して、このあたりの戦闘力です。

平成29年度の合否をわけたポイントは宿泊室とエントランスホールのプランニング

私は資格学校には通いませんでしたが、製図のウラ指導という通信講座で勉強をしていました。ウラ指導では毎年”ユーザープランニング(以下ユープラ)”という受験者の再現図を一堂に公開するという企画を設けています。参加者は自分の再現図をアップすると、他の人の再現図が全部(100人以上?)無料で見れるという優れモノです。

また合否が出た後は、各答案のランクまで出してくれるので、私はこの中で合格できた人、合格できなかった人のプランを 一つずつチェックしていきました。

各ランクごとの答案をチェックするのに最初の方は10分程度必要としていました。

ですが、10人程のチェックが済んだ頃

合格になった答案、ならなかった答案の共通項が見えてくるようになりました。

この後は1枚5分程度でチェックできました。

そして30人程見終わったあとは、

結果を知らずにランダムで選んだ図面の中で不合格答案についてはわずか1分のチェックであてられるようになりました。

具体的には、

  • 宿泊室が全て南か東(眺望が良いと書かれている方角)に向いていないプラン(1部屋でも北に向けている人)または宿泊室が3フロアに分かれているプラン(ゾーニングができていない)。
  • エントランスホールにパッシブデザインを積極的に取り入れていないプラン。具体的にはホール上部に吹き抜けかもしくは上階を光庭としての天窓を設けることで、採光や通風などを確保するようなプランになっていないもの(2階宿泊室フロアのみパッシブデザインを取り入れているプランもダメだった。)。
  • 宿泊室の室内に柱が出てきてしまっているプラン。

これに該当する人はもれなくランク2以下になっていました。

ほか構造に関する不適合は一発でランク3になっています。

※ちなみに私は不合格かどうかの判断をするにあたって、作図の密度と記述の方は一切見ていません。

この結果を踏まえて感じたのが

1級建築士製図試験の合否は重要な場所のプランの仕方で勝負が決まってしまっており、後でどれだけ装飾しても合否に影響が無いということでした。

逆に重要と考えられていない場所は多少漏れていても合格になります。それは別記事でご紹介しています。

私はこれまで一級建築士製図試験の合格に役立つ記事を色々とご紹介してきました。是非ご覧ください。

一級建築士製図ブログ
私がこれまで書き溜めた一級建築士製図の合格に役立つブログ記事をまとめました。資格学校に通うことなく一級建築士製図試験に合格した私の製図手法を一挙にまとめました。...