一級建築士学科試験/環境分野知識まとめ

一級建築士学科環境分野語句計算まとめ

最近は一級建築士製図試験でも周辺環境やパッシブ的な要素が重要視されていることもあり、学科試験における環境分野の役割も高まってきているようにおもいます。

環境分野では測光量の単位や照度の計算、換気計算など実務で必要な要素も多分に含まれていますから、きちんと覚えておいて損はないと思います。

スポンサーリンク
目次

測光量の単位、温熱指標や照度計算や換気量の計算問題まで詳しく解説をしました。

私が試験勉強をしているときは環境分野で出題される語句や計算は、正直言って理解が中途半端でした。

専門のテキストを詳しく見る時間ももったいなかったので、なんとなくの理解で試験に臨んでいました。

幸い細かい部分の設問が無かったので助かりましたが、できればきちんと理解しておきたいところです。

以下の4つの記事は私自身がいまいちピンときてなかった単語や計算方法についてあらためて勉強しまとめたものです。

これから試験に臨む方のお役に立てれば嬉しいです。

https://halu-ie.com/study-of-photometric/

https://halu-ie.com/study-of-heat-index/

https://halu-ie.com/illuminance-calculation/

https://halu-ie.com/ventilation-rate-calculation/

 

また直接は関係ありませんが、私が学科試験を過去問題中心の学習方法を勧める根拠として、
市販で販売されている過去7年分が掲載された過去問題集を使い、平成30年度の環境分野の試験をどれくらい解けるのかを検証した記事もありますのでこちらもどうぞご覧ください。

https://halu-ie.com/way-of-study-for-qualified-architect/

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (9件)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる