子供部屋はライフステージに合わせて使い方を変えましょう。【住宅を広く使う間取り方】

子供部屋間取り例

私のところにお話に来て下さる、注文住宅をご計画中の方は30歳台中盤から後半のご夫婦が多いです。

ちょうど子育て世代で、生まれたばかりの赤ちゃんのいるご家庭や小学校に入る前のお子様のいるご家庭の方々です。

ですので家を計画する時に考えないといけないのが子供部屋です。

予算が潤沢で敷地がとても広いのであれば平屋という選択肢もでてきますが、

普通はそこまでの事はできませんので、

1Fに玄関、LDKと水回り、2Fに寝室など個室群の組み合わせになることがほとんどです。

しかも

「個室は1人だけでいいです。」という方はほとんどおられなくて、たいていは2人目を見据えて計画を考えられたり、すでに3人のお子様がいらっしゃるというお客様もおられます。

そういった背景がありますので、

「子供が2人いるから部屋が2つとそれぞれに収納が必要で、あと当初はみんなで寝る大きめの寝室と広めのウォークインクローゼットも必要です。」

といわれることがとても、、、とても多いです。

こんな時に私がおすすめしているのが、ライフステージごとに変化する子供部屋の多目的利用です。

お子様に子供部屋が必要になるのはいつでしょうか?

まずは子供部屋を今後どのように利用していくかをご家族で想像し、相談してみてください。

例えば30歳台のご夫婦にお二人のお子様がいて、上は3歳で下は0歳だとします。

そして2階にご夫婦寝室8畳とWIC、お子様二人にそれぞれ6畳ずつの部屋を割り当てて、家を建てたとします。

上の子が子供部屋が必要になるのは早くて小学校高学年ですね。すると11歳から12歳というところです。となると8~9年後です。下の子もそのくらいになりますね。

とすると、6畳2部屋は8~9年は特に使用用途のない納戸になります。

これってとてももったいないですよね。

フリースペースという名の納戸になっていませんか?

こういう話になるので、

6畳2部屋に分割せずに扉だけ2つ設けて12畳の大きなフリースペースにしておくという話になります。

ところが、です。

この12畳のフリースペースを上手に使いきれる人はなんの問題もありませんが、

私がこれまで見てきたお客様は、広い部屋にお子様のおもちゃが散乱していて、端っこの方には普段使わないものを置いてあるという、贅沢な納戸のスペースになっている人がとても多かったです。

しかも私の家庭がそうですが、子供が小さいうちは子供を1人で2階にあげておけませんよね(汗)

そうなると1階で家事をしているときは、その12畳のスペースは使わないことになります。

ちなみに我が家の長男は6歳になりますが一人は寂しいようで、一人では2階で遊ぼうとしません。

お子様のライフステージを考えながら、子供部屋を有効活用する2つの提案

せっかく大きな空間があるのだから利用しないともったいないですよね。

そこで私は

  1. 部屋を間仕切ってしまって一つを客間にしましょう。
  2. この12畳をしばらくご家族寝室として利用しましょう。

と提案しています。

1、部屋を仕切ってそのうち1つを客間にしましょう。

子供部屋間取り例2部屋の子供部屋の内一部屋を客間にする提案

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

客間というのはたまーに来られたお客様に泊まっていただく部屋です。

たいてい1階に和室と兼用で利用されます。

しかし、「1階のLDKや水回りの計画は今のプランで満足しているけど、客間がどうしても必要だなぁ。だけど今のままではどうしても客間が設けられないし、LDKを手狭にして客間を設けるかそれとも1階をもう一回り大きくしようか?」

家を大きくすると結構な金額になります。仮に6畳の客間が建物にプラスされると200万円~250万円金額があがります。

でも待ってください。2階に手付かずの空間があるではありませんか。

プライベート間の強い2階に客間というと抵抗のある方も多いのですが、

友人や知り合いがちょくちょく家に泊まりに来る、というのならまだしも、泊まりに来ることはめったになく、たいてい親が泊まりに来るという程度だったら2階で良いと思いませんか?

もともとしばらくは利用用途の無い部屋を利用するのですから。

この間取りでは将来的に2人のお子様部屋を想定しました。

部屋を引っ越すという考え方

このお客様は違いましたが、お客様の中には物干しの時などに子供部屋に入らなくてよいようにしてほしいという要望も多いです。

今回の場合で言うと、そのままお子様が南側に2部屋利用されると2Fウッドデッキへのアクセスが子供部屋経由になってしまいます。

そういう場合は、今のフリースペースにご夫婦寝室を引っ越しして

フリースペースとウォークインクローゼットをつなげてしまい、それまでご夫婦の部屋として利用していた部屋をお子様が利用すれば問題ありません

2、この12畳をしばらくご家族寝室として利用しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお客様はすでに3人のお子様のいるご家庭でした。一番上のお子様が保育園の年長(6才)で、2番目のお子様が年少(3才)、3番目のお子様は生まれたばかり(0才)でした。

子供部屋を小さいながらも3人のお子様全員に部屋を割り当てられるようにしておき、寝室は最小限にして面積を抑えました。

寝室を狭くしたのは予算を考えての事でしたが、この寝室の広さではご家族皆さんで寝られるスペースにはなっていません。

そこで子供部屋の出番です。

3分割すると小さな部屋でも、もとは12.5畳もありますからご家族5人で寝ても全然問題ありません。

お子様のライフステージに合わせて部屋の使い方を変えていく

そしてお子様のライフステージに合わせて、利用の仕方を変えていけばよいと考えました。

一番上のお子様が中学生になって部屋が欲しいとなったときは、ご夫婦寝室を使ってもらいます。(ちなみにそれまでは納戸か客室としての利用を考えておきます。)

2番目のお子様が中学生になって部屋が欲しくなったときは、子供部屋の3つのうち1つ分を間仕切って使ってもらいます。

残りの2つ分で最低でも8畳ありますからご夫婦と一番下のお子様で広々利用できます。

そして一番下のお子様が部屋を持つようになった時に、子供部屋は3部屋に間仕切られて、一番上のお子様とご夫婦が部屋を引っ越して終了です。

ちなみにこのプランではお子様の収納をファミリークローゼットというものでまとめています。

十分な広さがないのに各部屋にそれぞれ収納を持たせようとすると、部屋を間仕切るときに不定形の部屋ができたり、使い勝手上不都合がおきやすくなります。

そのため収納を外にだすことで室内の形や使い方がすっきりまとまります。

お子様が自立する日を考える

また今回のようにお子様の年齢差がひらいている場合、子供部屋は2つだけと考えておいてもよいかもしれません。

一番下のお子様が中学生になったときに、一番上のお子様は大学生か社会人になっていて家を出て自立されているという可能性があるからです。

そんなことをいうと少し悲しい顔をされる方もいらっしゃいます(笑)

わかりますその気持ち。

まとめ

このように、

お子様の年齢や性別でライフステージを考えて間取りを考えることとおウチの中をご家族が引っ越していくことで、いつも家全体を余すことなく利用できるようになります。

せっかく建てた家ですから、端から端まで使い切ってくださいね。