ウォークインクローゼットは寝室以外でも使いやすい!どこに設けるのが良い?

WICウォークインクローゼットと洗面脱衣室とランドリールーム物干し場との組み合わせ例

注文住宅設計をしていて

ほとんどのお施主様が要望される

ウォークインクローゼット(WIC)。

その中でも

“寝室”に設けたいという方は今でも多いです。

実は私も自邸の設計で
寝室にWICを設けたのですが意外と使いづらいです・・・

寝室に設けるのが悪いというわけでは全くなく、

ひとえに

日々の暮らしと収納の場所がフィットしていない

のが原因です。

しかし切り離せないのはコストの問題。

そこでこの記事では

ウォークインクローゼットをどこに設けたらよいか

おすすめの生活のパターンを想定しながら

ご紹介していきたいと思います。

※なお収納を最大化させる

ウォークインクローゼットの

基本間取りについてはコチラで紹介しています。

スポンサーリンク
目次

ウォークインクローゼットは寝室だけではない。洗面や玄関周りにあるととても便利!ただしコストも考えて検討する必要あり。

設ける場所ごとの使い方を考える上で

せっかくなので建物の間取りを想定しておきます。

想定する間取りは2階建てで1階にLDKと水回り、2階に寝室・子供部屋があるおウチ

2階建てで1階にLDKと水回り

2階に個室があるオーソドックスな間取りの家で

考えていきます。

ウォークインクローゼットwith『寝室』

寝室とウォークインクローゼット。

一番ポピュラーで相性が良さそうな組み合わせです。

寝室に併設する場合、朝起きてすぐ着替える人は良いが・・・

寝室とウォークインクローゼットを近づける場合

  1. 朝起きてそのままウォークインクローゼットで着替える
  2. 1階のLDKに下りる

こういう生活が一番合うと思いますが、

私達は

  1. 朝起きてまず顔を洗いに1階の洗面所にいく。
  2. 1階のLDKで朝ご飯を食べる
  3. 服を着替えるため2階のウォークインクローゼットに行く

という順番なので

2F寝室に併設するメリットがありません。

「なぜ使いやすい(この場合1階)に設けなかったの?」

という疑問があると思いますが、

その点はやはりコストの問題がでてきます。

建築コストを考えると2階に配置するメリットあり

これは設計者の視点ですが

一般的に

1階LDKプランの場合、

必要な諸室&広さを求められるLDKや

水回りがある1階は広くなる一方、

2階の個室群は逆にコンパクトになりがちです。

1階の面積が広くなればそれだけ

基礎と一階の屋根の面積が増えるため、

総2階建ての建物より建築費用がかかります。

また狭小地ではそもそも建築面積を広げられない問題も

出てきます。

そのため比較的空間に余裕のある

2階個室群にウォークインクローゼットを

設けることで1階の負担を減らし

建築面積が大きくなりすぎないように調整したりします。

ウォークインクローゼットwith『玄関』

WICウォークインクローゼットとSICシューズインクローゼット組み合わせ例

帰って来てから一日着ていた服を脱いで

清潔な部屋着で過ごしたい。

さらにシュークロークとの組み合わせで

玄関→シュークローク→WICと

流れるような使いやすい動線になります。

各個室にWICを併設しない場合は
ファミリークロークのように
家族全員の収納スペースと
することの方が多いです。

かなり贅沢な間取りの使い方になるため、

他の空間とのバランスをとる必要があります。

ウォークインクローゼットwith『洗面脱衣室』

朝、顔を洗ってそのまま仕事着に着替える
夜、手を洗ってそのまま部屋着に着替える

洗面脱衣室横にあるととても便利です。

こちらもファミリークロークのような扱いが多いかと思います。

ウォークインクローゼットは物干し場と近づけることでより使いやすい空間に

WICウォークインクローゼットと洗面脱衣室とランドリールーム物干し場との組み合わせ例

寝室・玄関・水回りに併設する場合で

ご紹介してきましたが

忘れてはならないのが

物干し場(又は洗濯物を畳む場所)との関係です。

我が家の洗濯動線は

1F洗面脱衣室→2F物干し場で干す

2F物干し場から服を取り込み→1F和室で服を畳み→2FWICに収納
と1Fと2Fを往復する
非常に効率の悪い動線になっています。。
(本当は夜、2Fの物干し場で服を畳み、
そのままWICに収納できるように
計画しているのですが、
実際は子供たちの面倒を見るために
LDKのある1階に降りてこないといけない
という現実があります)

最近では洗面脱衣室+ウォークインクローゼットに隣接させて

さらにランドリールーム(室内物干し場)を設けることで

  • 脱衣室(洗濯機)→室内物干し場
  • ランドリールーム(室内物干し場)→WIC

と非常に使いやすい動線になります。

ただコチラもコストの問題が出てきます。

コスト、使いやすさのバランスで判断する

ただしこのランドリールーム、

例えば最低の2畳でも設けようとすると

60万~90万円かかる結構贅沢な空間になるため

総予算を考えておかなければなりません。

さらに1階LDKの場合、
WICを1階に置く形にすると
さらに建築面積が必要になり
建築コストもふくらみます。

また狭小敷地の場合は

広い収納はあるけど

窮屈な居室しかない

”衣服様の家”にするのか

という悩みどころもでてきます。

広い収納に憧れている方も

すべてはバランスです。

フラットな目線で判断して下さい。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる