狭い家の”客間のための和室”こそ小上りにしたい理由

小上り和室2

私が家の打合せをしていて、

だいたいお客様にお願いされる部屋が

客間として利用する和室

しかし、

実際に客間にお客さんを

泊めることが多いかどうか聞くと、

ほとんどの方はあまり泊めることは

なさそうだと答えられることが多いです。

おまけに敷地や予算の関係で広い家にできない場合も、

客間はどうしても欲しいといわれる事も多いです。

そんな方におすすめなのが

小上りの和室ですっ

という記事になります。

「小上りが使いづらい、危ない」という声があるのはわかってはいるけど・・・

よくインターネットで目にするのが

小上がりが使いづらい、危ない。という声です。

使いづらいの中には、

上るのが面倒、

LDKと一体空間にしたときに空間が狭くなる、

小上りにした分部屋の高さが低くなる、

お掃除機械が1度で掃除しきれないといったものです。

危ないというのは

小さなお子さんが和室に上ろうとして危ないとか、

落ちそうで危ないといったものです。

私もそういう声があるのは分かっていますし、

そういう事実もあるのだと理解しています。

しかし、

例えば上るのが面倒だという声には、

収納付き式台のようなものを作って

1段、踏み場を設ければいいんじゃない?

と思いますし、

小上りにした分

部屋の高さが低くなるというのは、

他の部屋とのメリハリができるし、

そもそも和室だから落ち着けていいんじゃない?

と思います。

空間が狭くなるというのは

確かにあると思うのですが、

あとはプランで対応すれば良い、

と思っています。

お子さんが危ないというのも事実でしょう。

ですがお子さんはそれほど遠くない日に

上り下りを上手にできるようになるものだと考えて、

それまでの間注意して見守ってあげれば

良いのではないでしょうか。

この記事を特に読んでいただきたい方

  • 客間としての和室は欲しいけど、広い面積がとれずに諦めようかと考えられている方
  • 今フラットな部屋を小上りの和室にリフォームしようかと検討されている方

客間を少しでも広く取りたい、収納も欲しいをかなえる小上り和室

客間はLDKと併設されることが多い理由

客間としての和室は、

たいていLDKと併設して設けられることが多いです。

その理由として多いのが、

  • Kとくっつける場合は小さなお子様のお昼寝スペースを家事スペースに近づけることで安心して作業ができる。洗濯物を畳んだりするスペースにする等
  • LDとくっつける場合は、普段利用するスペースと兼用することで部屋をより広く使える。

というのが多いです。

またLDKが1階にある場合、

  • 万が一自分たちが2階に上れなくなった時に1階のみで生活できるスペースを確保したい

という方もおられます。

つまり客間はもしもの時の保険のようなもので、

普段の生活でも最大限利用したいということですね。

客間が押入れ無しで4畳半しかとれない!こんなときに小上がりが活躍します

しかし、

この客間はメイン空間になるLDKに対して、

あくまで”サブ”の部屋になることが多いです。

広い家を建てられる場合を除いて、

客間に使える広さはあまりありません。

6畳の空間(4畳半+1畳の押入れ+何かを飾るための半畳の床)が

とれればまだ良い方で、

場合によっては

4畳半或いは4畳で押入れが取れない

こともあります。

そうすると、

「せっかく作った客間なのに

お客さんの布団をどうしようか?」と

考えてしまいますよね。

こんなときに小上がりの部屋にすることで

収納問題が解決できます!

小上り和室小上り和室にすると下部に大きな収納空間が生まれる。

 

収納スケッチ収納の使い方スケッチ

写真の和室では、

手前側の下部を引き出しの収納として、

奥の畳は持ち上げて使える収納空間になっています。

これだけで4.5畳分の収納空間が生まれることになりますね。

利用用途としてはお客さん用の布団や

あまり読んでいない本や書籍、写真やアルバムなどあまり出す機会のないものを

入れておくのにおすすめです。

さらに、

兜など季節の飾り物のサイズを事前に測って

最低限飾れるだけの高さの床の間をつくり、

それより上部は吊り押入れを設ける

ご提案をすることもあります。

吊り押入れと床の間吊り押入れと床の間

 

 

現在はおもちゃに占拠されている現在はおもちゃに占拠されている・・・

 

 

和室床の間床の間の様子。15夜の時にお団子を飾っている。

さらに空間を使いきるよう、

もう一つ工夫をしています。

それは床の間です。

季節の飾り物

がその場所にしまってあったほうが

出すときに楽だと思うのです。

そこで床の間も持ち上げて、

飾りものを収納できる空間にしています。

床の間下部収納

床の間下部に兜などをそのまま収納していて、必要な時にだせるようにしている。 

いかがでしたでしょうか。

ここまでフルに収納をつくることは

必要ないとは思いますが、

これだけ収納がとれれば

他の部屋の収納の負担も少し減りますし

お得だと思っているんで

つい張り切って提案してしまいます。

リフォームを検討されている方などは、

小上りの下地は合板を使って比較的簡単につくれますし、

最近では置き家具で簡単に小上りの和室が

できる優れものもありますので

ぜひ一度ご検討されてはと思います。

まとめ

  • 小上り和室にすると収納力がアップします。
  • 置き家具などで簡単に小上りがつくれるため、リフォームにもおすすめです。