4畳・4.5畳の子供部屋は狭い?いいえ、レイアウト次第で快適に使えます。

「4.5畳の子供部屋って狭くない?」

「4畳の子供部屋って使いにくくない?」

いいえ、レイアウト次第で快適に使えるんです。

この記事をご覧いただければ、

「あ、思ったより大丈夫かも!」

と感じることができるかもしれません。

「4畳や4.5畳の子供部屋って狭い!?」という不安を解消するレイアウトをご紹介

私は普段、注文住宅の設計をしていますが

少し前までは

  • 「個室の広さを充実させたい!」
  • 「子供部屋は6畳(収納別)は最低必要!」
  • 「子供部屋にもウォークインCLを!」

と希望される方が多かったのですが、

最近では

  • 家族みんなで利用するLDKや水回り、収納を広くしてほしい!
  • そのためなら個室は小さくてもかまわない

という方が増えてきたように思います。

私自身も

“子供部屋としてのみ利用する子供部屋”

を広く作るのはもったいないと考えています。

「新築時に6畳の子供部屋は必要?」=二人が中学生になってからで良い理由

子供部屋は3畳でもなんとかなります。

というわけで、

最近は結構狭い子供部屋を計画したりします。

最低で3畳の子供部屋も計画しています。

ただ3畳の空間だけみせると、

さすがに

「我が子がかわいそうでは・・・」

という戸惑いの表情を見せる

親御さんもおられます。

そこでそんな方向けに

以前、子供部屋3畳の参考レイアウトを描きました。

3畳の子供部屋にベッド、収納、勉強机まで!失敗・後悔しないレイアウトをご紹介します。

これを見て安心される方も結構いらっしゃるので、

描いて良かったです。

さて、

子供部屋が3畳でできるのであれば、

当然それ以上でも問題ないわけです。

広くなるとそれだけ

余裕や収納量を増やすことができますね。

今回は

  1. 4畳
  2. 4.3畳
  3. 4.5畳

の子供部屋で

それぞれ部屋の入り方の違うパターンをプランしてみました。

また、部屋の中の家具は造作のクローゼットはつくらずに

  1. ベッド
  2. 学習机
  3. 収納

の家具を置いたレイアウト例で考えています。

4畳子供部屋/レイアウト事例

4畳の子供部屋は先ほどご紹介した

3畳の部屋がさらに細長くなったものです。

4畳レイアウト1/短辺入口プラン

4畳子供部屋レイアウト1

4畳の子供部屋で

部屋の出入り口が短い辺の側から入る

プランです。

実際の間取りを計画する際に

一番多いのもコチラのプランですが

こういうタイプはレイアウトに苦労することが多いです。

少し狭かったり細長い部屋の場合、

出入口の位置が重要になってきます。

4畳レイアウト2/長辺入口プラン

4畳子供部屋レイアウト2

こちらは長辺方向から入るプランです。

出入口の場所にもよりますが、

短辺方向から入るプランよりも家具の配置は簡単です。

4畳レイアウト3/2層活用パターン

4畳子供部屋2段ベッドレイアウト

天井高さがあれば

部屋を立体的に利用することを考えても良いです。

4.3畳子供部屋/レイアウト事例

少し狭い子供部屋を考えるときに

一番厄介なのはベッドです。

先ほどの4畳では

部屋の短い方向に

ベッドを配置することはできません。

そのため家具の配置が難しくなるのですが、

この4.3畳タイプであれば可能です。

そのため4.3畳の子供部屋は

コンパクトさと家具配置の自由度が高い間取り

といえます。

4.3畳レイアウト1/短辺入口プラン

4.3畳子供部屋狭くても大丈夫なレイアウト1

短辺方向から出入りするプランです。

真ん中を通路にして両側に家具を配置することで

壁際を有効活用できます。

子供部屋面積の割に

家具をしっかり置けるコスパの良いプランです。

4.3畳レイアウト2/長辺入口プラン

4.3畳子供部屋狭くても大丈夫なレイアウト2

長辺方向から出入りするプランです。

先ほどと同じように真ん中に通路がありますが、

通路部分がより広いため開放感を感じられます。

4.5畳子供部屋/レイアウト事例

4.5畳もあれば家具の配置で特に困ることはないと思います。

4.5畳レイアウト1/家具Ⅱ型配置プラン

4.5畳(四畳半)子供部屋レイアウト1

通路を真ん中にとって両側に家具を置くパターンです。

4.5畳レイアウト2/家具L型配置プラン

4.5畳(四畳半)子供部屋レイアウト2

家具をL型配置にすることで、

部屋に”溜まり場”が生まれます。

“子供部屋を広く使う”ポイントは2つ

もし現在おウチの間取りを検討中の方であれば

次の2つのポイントを押さえておくと

家具の置き場所の悩みで困ることが少なくなります。

狭い子供部屋を効率よく利用する間取りのポイント

  1. 壁を残す/窓を最小限で計画する
  2. 部屋の出入り口はできるだけ中央付近に取る(部屋の端にしない)

ポイント1:壁を残す/窓を最小限で計画する

「子供部屋はさんさんと光の入る明るい部屋に!」

という気持ちはわかりますが、

大きな窓や多くの窓を設けることで

どんどん利用できる壁が減っていきます。

そうなると家具の置き場にも困ります。

窓は最小限にして効率よく配置しましょう。

また窓の高さも重要です。

少し高い位置であれば、

置き家具にかぶる危険も少なくなります。

(その分窓の開け閉めはむずかしくなりますが・・・)

ご家庭にもよりますが、

子供部屋の利用で一番多い時間帯は

夕方からです。

(平日の昼は学校に行ってるため)

そのため窓があっても恩恵が少ないです。

ポイント2:部屋の出入り口はできるだけ中央付近にする

どの部屋についてもいえますが、

特に狭い部屋ほど

出入口は端を避けて

計画したほうが良いです。

(全体の計画上,どうしようもない場合もあります)

端から入るとそこが通路になってしまうので家具が置けないからです。

中央付近から出入りできる場合の方が

置ける家具が一つ増えます。

この2点を考えるだけで

部屋を100%使い切ることができます。

是非参考にしてください。