一級建築士学科/施工分野/過去問集

一級建築士学科試験/施工分野/設備工事

この記事では一級建築士学科試験で毎年出題されている火災対策・配管工事の設問(問20あたり)を9年分まとめてカテゴリーに分類しています。

一級建築士学科試験/施工分野/設備工事過去問題まとめ

設備工事は出題範囲があいまいで、施工分野の各パートで出題される設問も交じっていましたので、この記事では火災対策と配管工事のみにフォーカスし、それ以外は他記事に回しています。

火災対策

1. 天井付近に吸気口のある居室において、自動火災報知設備の煙感知器(光電式スポット型)の取付け位置は、その吸気口付近とした。h22/21

2.自動火災報知設備の設置において、天井面への煙感知器(光電式スポット型)の取付
けは、換気口等の吹出し口から 1.2m離して取り付けた。h28/20

※吸気口付近に取り付け、逆に吹出し口からは1.5m以上離します。よって問1は正答肢、問2は誤答肢

3. 非常用エレベーターの乗降ロビーに、連結送水管の放水口を設けた。h26/20

正答肢です。

4.移動式の泡消火設備の泡放射用器具を格納する箱は、ホース接続口から4mの位置に設けた。h26/20

※ホース接続口から3mまでの位置に格納しなければなりません。誤答肢

5. 消防用水の設置場所は、消防ポンプ自動車が2m以内に接近できる位置とした。h23/20

正答肢です。

6.外壁に設ける換気用の排気口については、屋外避難階段から2m離して設けた。h23/20+h28/20+h30/20

正答肢です。

7.延べ床面積50.000m2以上の建梁物の直通階段において、階段通路誘導灯を非常用の照明装置で代替するに当たり、その予備電源の容量は、60分間作動できるものとした。h26/20

正答肢です。

8.防火区画の壁を貫通する風道において、防火区画に近接して防水ダンパーを設けるに当たり、当該防火ダンパーと当該防火区画との間の風道は、厚さ1.6mmの鉄板でつくられたものとしたh26/20

正答肢です。厚さ1.5mm以上の鉄板、又は鉄網モルタル塗他不燃塗料で被覆します。

9.防火区画の壁を貫通する配電管は、呼び径 82mm(外径 89mm)の硬質塩化ビニル
電線管とし、当該配電管と防火区画との隙間をモルタルで充塡した。h29/20

正答肢です。

目次に戻る 

配管工事

1. 電気設備工事において、二重天井内の鋼製ケーブルラックの支持間隔を2m以内とし、直線部と直線部以外との接続部では、接続部に近い箇所で支持した。h25/20

正答肢です。支持間隔は鋼製なら2m、それ以外では1.5mです。

2. ケーブルラックの支持金物の取付けに当たり、あらかじめ取付用インサートを設置できなかったので、安全性を十分に検討したうえで、必要な強度を有する「あと施工アンカー」を用いた。h27/20

正答肢です。

3. 壁内に設置するCD管(合成樹脂製可とう電線管)については、コンクリート打設時にCD管が移動しないように、壁縦筋に隙間なく沿わせて1m以内の間隔で堅固に結束した。h26/8

※1m以内の間隔で結束するのは正しいですが、壁や床配筋に平行の配管は30mm以上、梁に平行の配管は100mm以上の間隔をあけます。誤答肢

4. コンクリートスラブに埋設する合成樹脂製可とう電線管(CD管)については、スラブの上端筋と下端筋との間に配管し、専用支持具等を用いて1m以下の間隔で下端筋に結束した。h23/20

5.合成樹脂製可とう電線管をコンクリートスラブに埋設するので、電線管をスラブ配
筋の上端筋と下端筋との間に配管し、コンクリートの打込み時に管が移動しないよ
うに専用支持具等を使用して、曲り部分については 0.5m以下の間隔で下端筋に結
束した。h29/20

6. コンクリートに埋設される合成樹脂管配線における硬質ビニル管は、配管時とコンクリート打設時の温度差等による伸縮を考慮して、直線部が10mを超える場合は、適切な箇所に伸縮カップリングを使用する。h24/21

※全て正答肢です。設問どおりではありませんでしたが、コンクリートスラブへの電気配管を施す動画がありました。動画は3分程度ですが、30秒で流し見してみても上記の設問の感じが掴めるかと思います。

7. 軽量鉄骨間仕切壁内に合成樹脂製可とう電線管(PF管)を配管するので、その支持間隔を1.5m以下とし、バインド線を用いて支持した。h25/20

正答肢です。

8. 管径が28mm の合成樹脂製可とう電線管 (PF 管)を配管するに当たり、管の内側曲げ半径を管内径の6倍とし、曲げ角度を90度とした。h27/20

正答肢です。曲げ半径は管内径の6倍以上、曲げ角度は90度が限度です。

9. 配管の埋設工事において、給水管と排水管が平行する部分については、両配管の水平実間隔を300mmとし、給水管を排水管の上方に埋設した。h25/20

※間隔は500mm以上離さなければなりません。よって誤答肢です。

10.寒冷地以外において、車両が通行しない平坦な敷地における給水管の埋設深さを、
管の上端から 300mmとした。h28/20

正答肢です。ちなみに車両が通行する部分は管の上端から600mmです。

11. 寒冷地における給水管の地中埋設の深さは、硬質塩化ビニルを内外面に被覆した鋼管を使用したので、凍結深度よりも浅い位置とした。h27/20

※寒冷地では凍結深度よりも深くしなければなりません。誤答肢

12.コンクリート埋込みとなる分電盤の外箱は、型枠に取り付けた。h30/20

正答肢です。

配管等勾配

1. 住宅の換気設備の排気ダクトについては、住戸内から住戸外に向かって、先下がり勾配となるように取り付けた。h22/21

正答肢です。排気ダクトにかかわらず住戸内と住戸外をつなぐ配管は、室外のものが室内に流入しないように住戸内から住戸外にむかって下がっていく勾配にします。

2.戸建て住宅の換気設備工事において、排気ダクトについては、雨仕舞いに優れた形
状の丸型ベントキャップを用いたので、排気効率を考慮し、住戸内から住戸外に向
かって、先上がり勾配とした。h28/21

※いくら雨仕舞に優れたベントキャップを利用しても、ダクトを住戸内に向かって下がるような勾配を設けてはいけません誤答肢

3.排水設備工事における排水トラップは、封水深さが5~10cmのものを使用した。h28/20

正答肢です。

4. 排水槽の底については、吸込みピットに向かって1/8の下がり勾配とした。h23/20

1/10~1/15の勾配でなければなりません。なお沈殿した汚泥を取り除けるよう、吸込みピットを設けます。誤答肢

5. 屋内の横走り排水管の勾配の最小値を、管の呼び径75のものについては1/100呼び径150のものについては1/200とした。h25/20

6.屋内の横走り排水管の勾配の最小値については、呼び径65以下を1/50、呼び径125を1/200とした。h30/20

※問5は正答肢、問6は誤答肢です。

管径と最小勾配について
  • 管径65以下⇒1/50
  • 管径75,100⇒1/100
  • 管径125⇒1/150
  • 管径150以上⇒1/200

7. 蒸気給気管を配管するに当たり、先下り配管の勾配は1/250とし、先上り配管の勾配は1/80とした。h27/20

正答肢です。

目次に戻る 

その他

1.空気調和設備工事に用いるロックウール保温材のうち、ロックウールフェルトにつ
いては、特記がなかったので、フェルトの密度が 20kg/m3のものを使用した。h29/20

※フェルト密度は40kg/m3以上必要です。誤答肢

2.エスカレーターの上下乗り場及び踏段で行う検査において、踏段相互間及びスカー
トガードと踏段との隙間については、エスカレーターの全長にわたって接触することなく5mm以下であることを確認した。h29/20

正答肢です。

3.雷保護設備における引下げ導線については、保護レベルに応じた平均間隔以内として、建築物の外周に沿ってできるだけ等間隔に、かつ、建築物の突角部の近くになるように配置した。h30/20

正答肢です。

4.建具工事において、防火扉の危害防止装置の検査については、扉の閉鎖時間をス
トップウォッチにより測定し、扉の質量により運動エネルギーを確認するとともに、
プッシュプルゲージにより閉鎖力を測定した。h29/21

正答肢です。

5.耐火建築物におけるメタルカーテンウォール工事において、下階から上階への延焼
と火炎を防止する層間ふさぎについては、カーテンウォール部材の挙動により耐火
材が脱落しないように厚さ 1.6mmの鋼板の層間ふさぎ受けを取り付けた。h28/21

正答肢です。

目次に戻る 

リンク

一級建築士学科試験の施工分野9年分の過去問題をまとめました。他の設問へもこちらからリンクできます。

一級建築士学科試験施工分野過去問まとめ
一級建築士学科試験の過去問9年分を網羅!施工分野の記事まとめ一級建築士学科試験の施工分野を、設問ごと、カテゴリーごとに細かく分類し、過去9年分の類似問題を一気に学習できるまとめ記事です。...

施工分野の過去問の実力テストを作成しました。過去問の把握度のチェックや隙間時間の学習にどうぞ。

施工分野過去問実力テスト
一級建築士学科試験/施工分野の過去問実力テストに挑戦!【スマホにも対応】施工分野のカテゴリー別過去問実力テストを作成!理解度チェックや隙間時間の学習にどうぞ! 幅広い範囲全体を同時に学習するより、 関...

また一級建築士試験の施工分野の出題傾向と、私が過去問題での学習を勧める根拠をまとめています。こちらもご覧ください。

一級建築士学科試験施工分野過去問7年分
一級建築士学科試験/施工分野の傾向を踏まえて効率的な学習方法を考えました。施工分野が苦手な方へ。一級建築士試験の市販の過去問題集で、平成30年の施工分野でどのくらい点数がとれるのか検証しました。また効率的な勉強方法についてもご紹介しています。...