一級建築士学科/計画分野/過去問集

一級建築士学科試験/計画/バリアフリー・高齢者対応計画まとめ

一級建築士学科試験/計画/バリアフリー・高齢者対応設問の過去問題まとめ

劇場・観客席

・車いす使用者用客席・観覧席の数(可動席スペースを含む。)は、施設内容や規模に応じ、客席・観覧席総数の0.5%から1%以上とする。H28/問9

・車いす使用者用客席・観覧席は、少なくとも同時に2以上の車いす使用者が利用できる専用スペースとして、固定位置に確保する。H28/問9

※共に正答肢です。国土交通省のサイト内にある”高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準(劇場、競技場等の客席・観覧席を有する施設に関する追補版)”というPDFに記載がありました。
なおスペースの寸法については”車いす使用者用客席・観覧席の間口は車いす1台につき 90㎝以上とし、奥行きは120㎝以上とする。”
それと
“通常の車いすよりも大きなリクライニング式の車いす等の使用者にも対応するため、奥行き140cm以上の車いす使用者用客席・観覧席も設けることが望ましい。”ということです。

・客席・観覧席の出入り口から車いす使用者用客席・観覧席へ至る客席・観覧席内の通路は、有効幅員を120cm以上とするとともに、区間100mごとに車いすが転回することができる140cm角以上のスペースを設ける。H28/問9

※上述のサイトで”客席・観覧席の出入口から車いす使用者用客席・観覧席へ至る客席内の通路の有効幅員は、120cm以上とし、区間50m以内ごとに140cm角以上の転回スペースを設ける。”と記載がありました。誤答肢

ちなみに上述のサイトの中で少し絵が書かれていたのでわかりやすいかと思いますのでそちらを引用します。

参照国土交通省hp/高齢者、障害者等の円滑な移動等に配慮した建築設計標準(劇場、競技場等の客席・観覧席を有する施設に関する追補版)

 

目次に戻る 

スロープ・階段

・病院の階段において、色彩の調和を図るため、段鼻に設けた滑止めと踏面は類似の色のものとした。H27/9

・高齢者が利用する施設の階段において、高齢者が段差の存在を近くできるように、踏面と段鼻の輝度比を2.0とした。H23/8

※同じ色だとどこまでが踏面かわからなくなるので階段を踏み外す危険性が高くなります。輝度比1.5から2.0必要です。H27/9は誤答肢、H23/8は正答肢

・「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」に基づく移動等円滑化経路を構成する傾斜路においては高さ200mm の段差に対して勾配を1/10とし、手すりを設けた H26問9

※移動等円滑化経路の中の傾斜路は勾配を1/12以下としなければならないです。 ただし高さが16 CM 以下の場合には1/8以下とすることができます。誤答肢

・車いす使用者が利用する屋外の傾斜路の勾配を1/25とし、手摺は設けなかった。H25問4

※屋外の傾斜路は勾配が1/12を超えるかまた高低差が16 CM 超えるもので かつ勾配が 1/20を超える傾斜があるがある部分に手すりが必要です。よって勾配が1/25の場合には手すりを設けなくても良いです。

・屋内の階段に代わる歩行者の傾斜路の勾配を、1/12とした。H25問4

正答肢です。建物移動等円滑化基準(誘導基準ともに)では1/12勾配、それ以外は1/8です。

・階段に代わる歩行者用の傾斜路は建築基準法施行令により勾配を1/8とし表面は粗面とするかまたは滑りにくい材料で仕上げなければならない。H25問4

正答肢です。建物移動等円滑化基準(誘導基準ともに)の事なのかどうかで正誤が変わりますので注意が必要です。

・階段を昇るときの安全性を考慮し、段鼻を出さないように蹴込み板を設け、蹴込みを20mmとした。H25問4

※降路の安全性を考慮して段鼻を突き出さないように、蹴込み板を設け、蹴込み寸法は20 mm程度までとします。

・高齢者が居住する戸建て住宅の改修において、階段の手すりについては、両側に手すりを設置する余裕がなかったので、昇る時の利き手側に手すりを設けた。H23/8

※足を踏み外したときに危険なのは下りる時なので、手すりがどちらかしか付けられない場合は下りるときに利き手側に手すりがくるようにします。誤答肢

・博物館における階段において、両側に手摺を設けるに当たり、手摺の端部については、水平に延長したうえで服の袖が引っ掛からないように壁側に曲げた。H24/8

※手摺の端部壁か下に向けておきます。正答肢

目次に戻る 

廊下

・同一レベルの床面において、床に段差があるように見間違えることを防ぐために、床仕上げの材料及び色彩を同じものとした。H25問8

※階段の場合は違いを感じさせるために色、素材などを変えますが、段差のない廊下などは違いをつけると却って危険です。正答肢

・廊下の有効幅員を、車椅子のすれ違いを考慮して、1,800mmとした。H26問9

※車いすが歩行者とすれ違う場合は1,200として、車いす同士だと1,800mm必要です。

・図書館の開架室における書架の間隔について、車いす使用者の利用と通行に配慮して、225cmとした。H25問7

※廊下幅180cmに本棚45cmであわせて225cmとした。

・道路と敷地内通路との段差を、車いす使用者の通行に配慮して、3cmとした。H23問7

※道路と敷地内通路との段差は2センチ以下にする必要があります。誤答肢

・駅舎の通路において、視覚障がい者誘導用線状ブロックを、通路壁面から1m以上離して敷設した。H22問8

正答肢です。

・車いす使用者の利用する便所の出入り口を引き戸とし、その有効幅を95cmとした。H22問6

正答肢です。建物移動等円滑化基準で80cm、建築物移動等円滑化誘導基準で90cm必要です。ちなみにエレベーターの出入り口の有効幅も同じです。

目次に戻る 

浴室等水回り

浴室の計画において、浴槽の縁の高さについては、浴槽の跨ぎやすさを考慮して、洗い場の床面から5cmとした。H25問8

※だいたい40cm~45cmが良いです。可動の移乗台があるとさらに良いです。誤答肢

参照:国土交通省hp/(2.10 浴室・シャワー室、脱衣室・更衣室 基準 設計の考え方 設計のポイント)

 

浴室と脱衣室の計画において、急激な温度変化によって血圧が大きく変動するヒートショックを防ぐために、浴室と脱衣室に暖房設備を設置した。H25問8

※冬場のヒートショックは社会問題です。正答肢

・客室の出入口の前後に、140cm角の水平な床のスペースを設けた。

正答肢です。

・客室内の浴室の出入口の有効幅員を、85cmとした。

※建築物移動円滑化基準では浴室出入り口は80cm以上です。正答肢

・車いす使用者が利用する宿泊施設の客室内において、家具の周辺や水回り等については、車いすの回転を考慮して、直径110cmのスペースを確保した。H24/8

※転回するために最低直径150cmは必要です。誤答肢

・住宅の台所において、車いす使用者の利用を考慮して、調理台、流し台、レンジおよび冷蔵庫をL字型に配置した。H24/8

※できるだけ移動距離が長くならないよう、L型やU型にしたいところです。正答肢

・車いす使用者が利用する洗面所において、洗面器の上端の高さは、床面から65cmとしたH22問8

※洗面器の下端で65cm必要です。洗面器の上端高さは床面から75cm程度です。

・車いす使用者が利用する固定された吊り戸棚の天端までの高さを、床面から130cmとした。H23問8

※車いす使用者が利用する戸棚の上端は座面から90cm以下、床から130cmまでで納めます。なお、流し台の下端は600mm以上開けて車いすが入るようにします。正答肢

・多目的トイレにおいて、内法寸法を2,000mm×2,000mmとし、オストメイト用の流しや車いす使用者が利用できる洗面台を設置した 。H26問9

正答肢です。

・公民館の便所において、腰掛便座の便房における便器洗浄ボタンは、視覚障がい者がみつけやすいように、ペーパーホルダーの直上に設けた。

正答肢です。

・オストメイト用設備を有する便房の汚物流しに設ける水栓は、湯温調整付きレバーハンドル型混合水栓とした。H29問9

正答肢です。

・オストメイト用設備を有する便房には、ストーマ装具や関連の小物等を置くことができる手荷物置き台(カウンター)を設置した。H29問9

正答肢です。

・車いす使用者用便房に設置する洗面器の鏡は、幅35cm×高さ45cmの大きさとし、車いす使用者の利用に配慮し傾斜させて設置した。H29問9

※鏡が小さすぎます。誤答肢

・車いす使用者用便房に設置する手すりは、便器の側壁側にL型手すりを設けるとともに、他方には可動手すりを設け、それらの水平部はいずれも便座の座面から25cmの高さとした。H29問9

正答肢です。

・車いす使用者が利用する体育館に設けるシャワー室に、150cm×150cmのシャワーブースを設け、シャワー用の車いすを用意した。H23問8

正答肢です。

・ベッドの高さはマットレス上面で車椅子の座面と同程度とし、ベッドサイドキャビネットの高さはマットレス上面から10cm程度高くした。

正答肢です。

目次に戻る 

その他

・住宅において、壁に設置するコンセントの取付け高さは、高齢者や車いす使用者が利用しやすいように、床面から40cmとした。

※普通は床から20cmくらいのところなので、車いすの人や高齢者は差しにくいです。そのため床から40cm以上は欲しいです。

・ベッドの高さはマットレス上面で車椅子の座面と同程度とし、ベッドサイドキャビネットの高さはマットレス上面から10cm程度高くした。

正答肢です。

・百貨店の授乳室において、出入り口の扉はスライド式とし、前室である共用スペースには哺乳瓶による授乳のための椅子を設置し、母乳による授乳のためのスペースにはカーテンによる仕切りを設けた。

正答肢です。たとえ知っていなくても、文面を見ているだけで問題ない計画だと感じられます。

・延べ面積2,000㎡の集合住宅の共用エレベーター(トランク付)において、かごの寸法は幅140cm×奥行き135cmとし、かごの出入口の有効幅は90cmとした。H22問8

正答肢です。

・公共施設の出入口において、視覚障がい者の利用を考慮して、音声誘導装置を自動ドア(引戸)の直上に設置した。H24/8

正答肢です。他にも誘導ブロックを床に敷いたりします。

・駅のエレベーターにおいて、エレベーターの乗降口から見える位置に、聴覚障がい者が文字により定員超過の確認をすることができる過負荷表示灯を設けた。

正答肢です。この問題もたとえ知っていなくても、文面を見ているだけで問題ない計画だと感じられます。

・エレベーター内に設ける車椅子使用者対応の操作盤の行先階数ボタンの位置を、エレベーターかごの床面から1000mmとしたH26問9。

※エレベーターのかご内の壁面に専用の操作盤をかごの床面から1000ミリの高さに設けて点字による表示をします。できれば両側の壁にあった方が良いです。

なお国土交通省サイトの中にわかりやすい絵がありましたので引用します。

参照:国土交通省hp”バリアフリー法による適合基準”

 

目次に戻る 

リンク

計画分野では、他の項目の過去問題についても網羅しながら解説していますので合わせてご覧下さい。

一級建築士学科試験/計画分野/出題範囲の過去問題による枠組みと分類をしました。一級建築士試験の各分野の勉強をするうえで私が大切だと感じたのが、その分野の出題範囲のフレーミング(枠決め)をすることです。私なりに計画分...