一級建築士学科/計画分野/過去問集

一級建築士学科試験/計画/プロジェクトマネジメント用語過去問まとめ

プロジェクトマネジメント用語は年に1回出題されています。耳慣れない言葉も多いですが、過去問題からの出題が誤答肢になる場合も多いため、まずは過去問題を抑えましょう。

一級建築士学科の計画分野ででてくるプロジェクトマネジメント用語の過去問をまとめて解説します。

サブリース事業

賃貸住宅におけるサブリース事業は、賃貸管理事業者が建物所有者等から建築物を転貸目的として貸借し、自らが転貸人となり入居者に転貸するシステムによって行う転貸管理事業である。H28/問20

※せっかくローンを組んで建てたアパートの家賃収入が減額されて、ローンが支払いきれない事案も出ているなど社会的に問題になっている事業です。正答肢

目次に戻る

 

BCP

BCPは、企業が災害や事故で被害を受けても、重要な業務が中断しないこと、中断しても可能な限り短い期間で再開すること等、事業の継続を追求する計画である。H28/問20

※BCPはBusiness Continuity Planの略で事業継続計画と表現されています。正答肢

目次に戻る

CSRとCRE

CSRは、企業が所有する不動産について、経営戦略的な視点に立って見直しを行い、不動産投資の効率性を最大限向上させるという考え方である。H28/問20+H25/問20

※上記はCRE(Corporate Real Estate)についての記述です。

CSRとはCorporate Social Responsibilityの略で企業が利益の追求だけでなく、法令順守や社会、環境や利害関係に対して責任ある行動をとる必要があるという考え方。(直訳すると”会社の社会的責任(義務)”なのでそんな感じになります。)誤答肢

これは近年だけでも誤答肢として2回出てきていますので、良く覚えておいた方が良いと思います。

目次に戻る

PFIとSPC

PFI事業におけるSPCは、ある特定の事業を実施することを目的として設立される会社で、PFI事業以外の投資は行わず、PFIの契約期間が終了すれば解散するものである。H28/問20

※PFIはPrivate Finance Initiativeの略で民間の資金と経営能力・技術力(ノウハウ)を活用し、公共施設等の設計・建設・改修・更新や維持管理・運営を行う公共事業の手法です。H23/問20でも出てきます。

SPCはSpecial Purpose Companyの略で特定目的会社と訳します。PFIとSPCの関係がわかりにくかったので調べてたところ、

一般財団法人地域総合整備財団が運営する自治体PPP/PFI推進センターのサイトに説明が書かれていたので気になった方はチェックしてください。 正答肢
目次に戻る

SPCとJV

建築プロジェクトにおけるSPC(特定事業目的会社)は、複数の建設業者が特定のプロジェクトのために組織する共同企業体である。

※記述はJV(Joint Venture)のことで共同企業体と訳します。このSPCとJVの違いもわかりづらいので調べてみました。すると内閣府のホームページにドンピシャの内容が書いてありましたので気になった方はチェックしてください。

JVは会社が集まって事業を行うだけなのに対して、SPCは会社が集まって別の会社を設立しているというところが大きく違うようです。ということでSPCなのに共同企業体と書いてあったらバツがつけられるということですね。誤答肢

目次に戻る

フィージビリティ・スタディ

フィージビリティ・スタディは、計画されている内容の実現の可能性について、都市計画などの上位計画との整合性、技術的な課題、採算性等を検討するものである。H27/問20+H22/問20+H30/問19

※フィージビリティは実現可能性という意味でスタディが検討だとするとそんな感じです。正答肢

目次に戻る

デュー・デリジェンス

デュー・デリジェンスは、建設プロジェクトを進めるに当たって、目的、方法、予算などを検討しながら事業全体の骨格を決めることである。H27/問20+H23/問20+H30/問19

※デュー・デリジェンスは事業・法務・財務などのほか人事などについて多角的な調査することをいいます。M&A予定対象を調べたりします。(直訳は”当然の努力”。M&Aするのだから調査するのは当然の努力だ、そんな感じでしょうか?)誤答肢

目次に戻る

コンソーシアム

コンソーシアムは、二つ以上の個人、企業、団体、行政機関等で組織され共通の目標に向かって協同する団体の事である。H27/問20

※コンソーシアムはラテン語で提携、共同、団体という意味のようです。産官学揃って、まちづくりという共通の目標に向かって頑張りましょう、という感じだと思います。正答肢

目次に戻る

コストオン方式

コストオン方式は、一般に、建築主が専門工事業者を選定し工事費を決定したうえで、その工事費に元請の管理経費を加えて建築の元請会社に工事を発注する方式である。H27/問20+H24/問20

※コストオン方式は建築主が施工会社の技術や工事費を知り尽くした状態で契約するので、元請会社はさぞ身が引き締まることと思います。正答肢

目次に戻る

LCM

LCMは、建築物の機能や効用の維持または向上を図りつつ、建築物をその生涯にわたって管理することであり、LCCを最大化することが大きな目的である。H26/問20

※LCCとはライフサイクルコストのことです。コストなのだから最小化する方が良いですね。誤答肢

ちなみにH23/問20では正答肢として登場します。

目次に戻る

アセットマネジメント

不動産分野におけるアセットマネジメントは、不動産の所有者や投資家の代行として、テナント対応や建築物の維持管理、運営までを含めた一連の不動産業務を行うことである。H26/問20+H29/問20

※アセットが資産のことなので、資産の運用業務のこととわかります。正答肢

目次に戻る

BOT

BOTは、公共サービスに係る建築物を民間が建設して一定期間運営し、期限終了後に行政に移管する仕組みのことである。H26/問20

※BOTはBuild Operate and Transferの略で直訳すると建てて、運用して、そして移管する。まさしくそんな感じですね。正答肢

目次に戻る

VE(提案)

VE提案は、基本性能の維持を前提とした工事費提言の提案、工事施工者独自の施工技術の導入の提案などである。H25/問20

※VEはValue Engineeringの略で物やサービスの価値とそれらがもつ機能やコストとの関わり合いを研究することで、最終的に価値の向上をはかる手法です。

VE提案とはVEによる分析に基づく提案で、基本性能は維持しながらさらにコストダウンや独自の施工技術の導入の提案をすることです。正答肢+(H30/問19ではVE提案の部分に違う語句が入っていて誤答肢となっていました。)

プロジェクトの内容の確定度が低い設計初期段階では、VE(バリューエンジニアリング)の効果は低い。H22/問20

※プロジェクトがガチガチに決まってからではできることは少なくなりますよね。手戻りも少なくて済むので早い段階で取り入れた方が良いです。誤答肢

目次に戻る

VM

VMは、建設投資の最適化を目的として、コスト縮減に係る提案を実現するために実施するものである。H26/問20

※VMはValue Managementの略です。VE(Value Engineering)と意味合いがよく似ています。おそらくこのニュアンスの違いは試験には出てこないと思います。正答肢

目次に戻る

BIM

BIMは、設計、施工、維持管理までのコストや後記、品質情報などすべてを統合したデータを活用して業務を進める手法であり、一般に、三次元モデルを使って表現される。H25/問20

※BIMはBuilding Information Modelingの略です。近年では戸建住宅のような小規模木造でも実現されつつあります。正答肢

目次に戻る

施工分離発注方式

工事発注における施工分離発注方式は、一般に、建築工事と各種設備工事に分ける等、工事請負契約を工事種別ごとに行う方式である。H24/問20

※一つの元請業者と工事請負契約を結ぶことは一括発注方式といいます。住宅ではこちらのほうが一般的です。正答肢

目次に戻る

CM

CM(Construction Management)方式は、一般に技術的な中立を保ちつつ発注者の側に立つコンストラクションマネージャーが、設計・発注・施工の各段階において、設計の検討や工事発注方式の検討、工程管理、品質管理、コスト管理等の各種のマネジメント業務の全部または一部を行うものである。H24/問20

※公共施設で出てくることが多いですが、一般の人でもプロがそばにいてくれて、様々な条件整理や管理、マネジメントまで全部してくれると助かりますよね。正答肢

目次に戻る

ブリーフィング、プログラミング

完成した設計内容を建築主に説明することを、英国ではブリーフィング、米国ではプログラミングといい、大規模化・複雑化するプロジェクトにおいて非常に重要である。H23/問20

※プログラミングという名前なのに建築主に説明するのか、という所で気付けますね。本当は設計段階に入る前に、設計者が各種条件整理をするために行うものです。誤答肢

また昨年度にも出題されています。

建築物の企画段階におけるブリーフィングは、一般に、発注者及び関係者の要求、目的、制約
条件を明らかにし、分析するプロセスであり、その成果物はブリーフと呼ばれている。H30/問20正答肢

 

目次に戻る

クリティカルパス

プロジェクトのスケジュール管理のためには、クリティカルパスを見極め、重点的に管理することが有効である。H22/問20

※施工の方でも出てきますね。正答肢

目次に戻る

性能発注方式

性能発注方式は、一般に、設計者が施工候補者に一定の性能基準を提示したうえで、技術提案を求めて施工者を選定する発注方式である。
※一般的には仕様をあらかじめ確定させて発注する、仕様発注が多いですが、性能発注では一定の性能基準を満たせば自由に仕様を決めることができるのが特徴です。

目次に戻る

リンク

計画分野では、他の項目の過去問題についても網羅しながら解説していますので合わせてご覧下さい。

一級建築士学科試験/計画分野/出題範囲の枠組みと分類をしました。