一級建築士学科/計画分野/過去問集

一級建築士学科試験/計画/公共施設等他施設に関わる建築計画まとめ(毎年1~2問の出題傾向)

様々な施設の計画方法は毎年1~2問の出題されています。これまで細々と出題されていた施設計画を施設毎に集めたので過去問学習がしやすいのではと思っています。

一級建築士学科試験/計画/公共施設他施設の設問の過去問題まとめ(毎年1~2問出題)

市庁舎

・議会関連諸室(議場、委員長室、議員控室等)の床面積の合計は、一般に、庁舎全体の床面積の合計の10%程度となるようにする。H23問14

正答肢です。

・届出の受理や証明書の発行等、市民と接する窓口事務部門の床面積の合計は、一般に、庁舎全体の床面積の合計の30%程度となるようにする。H23問14

議会関連諸室、庁舎窓口とも10%が一般的です。誤答肢

・来庁者の70~80%が利用する窓口事務部門は、一般に、メインエントランスホールに接したわかりやすい場所とする。H23問14

正答肢です。

・議場は、行政部門とは別組織であり、大空間が必要であることから、一般に、庁舎の最上階または別棟とすることが望ましい。H23問14

正答肢です。市庁舎の行政部分と切り離しておく必要があります。

目次に戻る 

図書館

・図書館において、貸出用のカウンターの高さを、子供や車いす使用者に配慮して、床面から85cmとした。H27/問8

※子供や車いす使用者に配慮すると70~80cmとなります。誤答肢

・図書館の計画に当たり、閉架式書庫の内部にブラウジングルームを設け、BDSによって、入室管理を行うことができるようにした。H26問17

※ブラウジングルームとは一般の人のための閲覧室の事ですが、閉架式書庫は一般の人が入れないため設置しても意味がありません。誤答肢

・図書館の開架室における書架の間隔について、車いす使用者の利用と通行に配慮して、225cmとした。H25問7

※書架の間隔は通路120cm+書架45cmの165cmで車椅子が一台通り抜けできます。225cmあると車いす通しのすれ違いも可能です。正答肢

・図書館において、書架のない閲覧室(4人掛で100席)の床面積を、180㎡とした。H22問7

※閲覧室は一般的に2㎡から3㎡程度を目安とします。ただし内部に書架を設けずテーブルに四人掛けとする場合、少し狭い1.8㎡程度で大丈夫です。正答肢

・資料検索のための利用者開放端末(OPAC)についは、来館者の利便性を考慮して、分散させずに館内の入り口付近に集中配置した。H24問14

※館内を散策していてふと、資料を検索したくなった時に入り口まで戻るのは大変です。なるべく分散配置しておくほうが良いです。誤答肢

・開架閲覧室の入口については、ブックディテクションシステム(BDS)を採用し、利用者が私物を自由に館内に持ち込むことができるようにした。H24問14

※以前は盗難の恐れがあることから、利用者が私物を持ち込むことを制限していましたが、BDSがあることでチェックを受けていない図書をもって外に出ようとするとブザーがなるので、利用者側にとっては心置きなく私物を持ち込むことができるようになりました。正答肢

・レファレンスカウンターについては、貸出・返却カウンターとは別に、開架書架群の近くに設けた。H24問14

正答肢です。

・開架閲覧室については、見通しをよくするためにワンルームとし、家具等を用いて利用対象者別やテーマ別に分節した。H24問14

正答肢です。私が知っている図書館は全てこんな感じです。

目次に戻る 

美術館

・美術館の計画において、自然採光を利用した展示室に光量不足を補うための照明として、高演色蛍光灯を用いた。H26問15

正答肢です。

・美術館の計画において、収蔵品に付着した害虫等による被害を最小限に抑えるため、燻煙室を収蔵庫からできるだけ離れた位置に配置した。H24問17

※害虫の被害を最小限に抑えるためには、燻煙室と収蔵庫をできるだけ近づけなければいけないですよね。誤答肢

・美術館の計画におけるホワイトキューブは、展示作品を阻害するような装飾や色を排除した展示空間である。H23問17

正答肢です。

目次に戻る 

博物館

・博物館の保存、修復のための調査・研究部門は、研究対象である収蔵品の移動を最小限に留めるために、調査・研究部門と隣接して設ける計画とした。H28問15

※収蔵品を不必要に移動させないのが望ましいです。正答肢

・博物館の収蔵部門は、収蔵庫内の保存環境を一定に保つため、前室を設ける計画とした。H28問15

※廊下から直に収蔵庫の出入り口があると、出入り口を開けた時に大きく環境が変化してしまいますので、前室によるワンクッションが必要です。正答肢

目次に戻る 

競技場

・サッカースタジアムの計画において、観客の退出時や避難時の群集事故を防止するため、動線を「分離する」、「単純化する」、「長くする」等の工夫を行い、群集全体の流動性を妨げないようにした。H22/問4

正答肢です。テーマパークでも休日はロープで誘導させたうえ、通路をくねくねと蛇行させて長くするように工夫しています。

・スポーツ施設の配置計画において、屋外サッカー競技場は、競技のフィールドの長軸を南北にとることが望ましい。H25/問5

※これはよく出る問題です。東西方向に長いと朝夕、逆光でなんにも見えない状態になるチームがでてきて不平等です。正答肢

・屋外のサッカー競技場は、一般に、冬期の風向きによる競技への影響を最小限とするため、競技のフィールドの長軸を、東西の方向に計画することが望ましい。H30/問4

※他の3つの設問を知らなくてもこの過去問を知っているだけで正解できました。誤答肢

目次に戻る 

劇場・コンサートホール

・劇場において、定員600人の固定式の客席部分の面積(通路を含む。)を、400㎡とした。H28問15

※観客1人あたり、0.5~0.8㎡で計算します。正答肢

・劇場において、座席の幅(1人分の間口)を55cmとし、前後間隔(背もたれ相互の間隔)を95cmとした。H27/問8

座席の幅は45cm以上、前後間隔は80cm以上必要です。また前席の最後部と後席の最前部のあきは、35cm以上必要です。正答肢

・車いす使用者用客席・観覧席の数(可動席スペースを含む。)は、施設内容や規模に応じ、客席・観覧席総数の0.5%から1%以上とする。H28/問9

・車いす使用者用客席・観覧席は、少なくとも同時に2以上の車いす使用者が利用できる専用スペースとして、固定位置に確保する。H28/問9

※共に正答肢です。客席等は0.5%~1%以上を確保、また少なくても2以上とし、車いす使用者が選べるように分散配置にしておくことが望ましいです。

・客席・観覧席の出入り口から車いす使用者用客席・観覧席へ至る客席・観覧席内の通路は、有効幅員を120cm以上にするとともに、区間100m以内ごとに車いすが転回することができる140cm角以上のスペースを設ける。

※劇場の客席や競技場の観覧席で出入り口から車いす使用者用客席・観覧席までの通路の有効幅員は120cm以上とし、区間50m以内ごとに140cm角以上の転回スペースを設けます。誤答肢

・客席数1,600席のコンサートホールの計画において、音響が安定しているシューボックス型を採用した。H27問15

・コンサートホールの計画において、演奏者と観客の一体化を図ることを意図して、客席が演奏者を取り囲むシューボックス型の空間形式を採用した。H22問14

※コンサートホールはシューボックス型とアリーナ型とありますが、シューボックス型は音響が安定するのが特徴で、アリーナ型は観客席が舞台を取り囲む形で、客席と演者の一体感が生まれます。よってH27問15正答肢、H22問14誤答肢

・劇場の計画において、客席と舞台の一体感を高めるために、プロセニアムをもたないオープンステージ形式を採用した。H26問15

正答肢です。なお劇場のステージ形式は舞台機構が簡単で客席と舞台が同じ空間にあるオープンステージ、舞台機構が複雑でプロセニアムを通じて客席と舞台が別れた空間にあるプロセニアムステージ、両者の間をとったアダプタブルステージがあります。

・劇場の計画において、演目に応じて客席と舞台の関係を変化させることができるように、プロセニアムステージ形式を採用した。H23問13

※記述はアダプタルステージです。プロセニアムステージ形式は舞台と客席との境に額縁状のプロセニアムアーチを設け、観客の視線の外に装置を備えて、大掛かりな舞台構成を作り出すことができます。誤答肢

・プロセニアム形式の劇場において、舞台の床面から、プロセニアムの開口の高さを8mとし、フライタワー内のすのこの高さを22mとした。H24問7

※フライタワー内のすのこが観客席から見えないようにするためには、舞台の床面からプロセニアムの間口の高さの2.5倍以上必要とされます。今回の場合間口の高さが8mであれば20m以上は必要です。正答肢

・劇場において、車いす使用者用客席スペースを出入り口に近い部分に設け、車いす1台あたりのスペースを幅90cm奥行120cmとした。H22問7

正答肢です。通常幅90cm奥行120cmで大丈夫ですが、大きなリクライニング式の車いす等の使用者にも対応するため、奥行き140cm以上のものがあるとなお良いです。

・劇場における舞台の上手は、客席から見て舞台の右側のことである。H22問17

正答肢です。

・劇場の計画に当たり、台詞を主体とする演劇の見やすさを考慮し、可視限界距離を20mとして客席の配置を計画した。H26問17

※演劇や小規模な演奏などの場合、出演者の表情や細かい身振りが鑑賞できるのは15m程度で設問の可視限界距離で第1次許容限度と呼ばれる距離は22m、身振りが見える距離の第2次許容限度と呼ばれる距離は38mまでとします。正答肢

・プロセニアム形式の劇場の計画において、一階の各座席から舞台を見下ろした時のふ角を5から15度までの範囲に保ちつつ、全ての座席から舞台の先端が見えるようにしたH25問13

正答肢です。最大でも30℃は越えないようにします。

・サイトライン(可視線)は、客席・観覧席の各々の人が、前列の人の頭又は肩を越して視焦点(舞台は競技場)を見ることができる視野の限界線のことである。H28/問9

正答肢です。車いすの人は客席の前列にある手すりなども視界の妨げになるためサイトラインに配慮した設計が必要です。

・劇場の搬出入のためのサービスヤードにおいて、ウィング式(荷台の側面と屋根面を一体として上方に開くことができるもの)の大型トラックが停車するスペースの、床から天井までの高さを4mとした。H28問15

※最低5mは必要です。誤答肢

目次に戻る 

ホテル

・リゾートホテルの大浴場において、洗い場のカランの間隔を、隔て板を受けなかったので60cmとした。H26問8

※60cmだと大きな人同士だと肩が触れそうな幅しかありません。リゾートホテルのカランの間隔は90cm程度が望ましいです。誤答肢

・シティホテルの計画において、各階単位での改修を考慮するとともに、階高を低く抑えるために、客室ごとに分離したPS(設備縦シャフト)とはせずに、集中PS(設備縦シャフト)を採用した。H25問13

※設備の竪配管を平面的に一か所に集めると、メンテナンスは容易ですが、各場所への横引きも多くなるため、階高を抑えることはできません。誤答肢

・大規模なシティホテルの計画において、客室用のエレベーターの台数を120室に1台とした。H24問13

正答肢です。100~200室に1台を目安とします。

・シティホテルにおいて、結婚披露宴を想定した100人収容の宴会場の床面積を、180㎡とした。H23問6

※一人当たり1.5㎡から2.5㎡程度で考えます。正答肢

・都市部に計画する事務所とホテルからなる複合建築物において、事務所の基準階の階高を4.2m、ホテルの客室の基準階の階高を3.3mとした。H23問6

※事務所ビルの基準階天井高を2.9m程度確保すると階高は4.0m程度必要です。
またホテルの客室階の階高は一般に2.8から3.6 m 程度です。正答肢

・高層ホテルの計画において、非常用エレベーターは、その近くにリネン室等のサービス諸室を配置し、サービス用エレベーターとして利用することとした。H23問13

※非常用エレベーターは消防隊の消火活動の支援を目的として設置されますが、ホテルでは平常時にはその近くにリネン室などを配置し、サービス用として利用することが多いです。正答肢

・シティホテルの一般用のフロントカウンターの高さを、客側の床面から85cmとした。H22問6

※フロントカウンターは床面から110cm程度は必要です。また車いす使用者用は、70cm程度です。誤答肢

目次に戻る 

レストラン

・洋食レストランにおいて、客席部分(50席)の床面積を、80㎡とした。H22問7

※一席あたり1.0から1.5平方メートルが標準的と考えられます。このあたりは製図試験でも出てくる場合があるので抑えておきましょう。正答肢

目次に戻る 

商業施設・物品販売店舗

・商業施設において、高さ4 m の直階段に沿って設けるエスカレーターの最大勾配を30度とした。H24問7

正答肢です。ちなみに定格速度30 m /分以下、揚程6 m 以下などの条件を満たす場合と勾配は35°まで大丈夫になります。

・延べ面積50,000㎡の百貨店の計画において、売場面積(売場内の通路を含む。)を延べ面積の55%とした。H24問13

正答肢です。

・物品販売店舗の計画において、陳列棚の棚板の高さを、商品の取りやすさを考慮して、床面から70~140cmとした。24問13

※成人にとって一番取りやすい高さは70~150cm前後です。正答肢です

・大規模量販店の計画において、売り場の客用通路の幅員は、主要な避難通路を3,0mとし、それ以外の通路を1,8mとした。H28/問8

正答肢です。

目次に戻る 

その他施設

・研究所の計画における電磁シールドルームは、空気中の浮遊粉じんの量を一定値以下とするために設ける部屋である。H23問17

※記述はクリーンルームです。電磁シールドルームは、名前の通り、電磁波の流出入を防ぎます。誤答肢

・小規模なコミュニティ施設の計画において、施設の夜間利用を想定して、夜間専用の出入口を設け、専用カードキーで利用できる計画とした。H22問14

※夜間利用の場合は事前に認めた特定の人間だけ施設を利用させたりするので、専用カードキーがあると便利です。正答肢

目次に戻る 

リンク

計画分野では、他の項目の過去問題についても網羅しながら解説していますので合わせてご覧下さい。

一級建築士学科試験/計画分野/出題範囲の枠組みと分類をしました。