【寝室3畳】のベッドレイアウト/2人で寝ることも可

寝室3畳の広さとレイアウト事例

私は普段注文住宅を設計していますが、

一般的には収納別で

6畳から8畳程度

確保するのが一般的な寝室ですが、

これを3畳(関東間)で計画したらどうなるか検討しました。

収納を他に設けなければならず、

かなりコンパクトですが、

最大二人用の寝室として

利用することもできることがわかりました。

ちなみに今回のようにコンパクトな寝室の場合、
ウォークインクローゼット(WIC)があると心強いです。
別記事でWICの間取りの基本もご紹介していますので
こちらもご覧ください。

※なお、お子様のお部屋3畳の検討記事は

コチラで書いています。

スポンサーリンク
目次

【関東間】3畳の寝室の広さはこんな感じです。

関東間3畳の広さ

一般的には芯線間910mm(909mm)□のマス6つ分の広さです。

910mmは”芯~芯間”のため

実際に使える”有効寸法”は

壁の厚み分狭くなります。

現在おウチを計画中の方は

有効寸法を設計者に聞いておきましょう。

3畳でいうと大きく分けてこの2種類が当てはまります。

(正方形の方は少し違いますが)

登場するベッドサイズ一覧

ベッドサイズ一覧表

今回登場するベッドのマットレスサイズを一覧にしました。

多少振り幅はありますが、

だいたい以下のようなサイズで

販売されていると思います。

  • シングルベッド/幅950mm*長さ1950mm
  • セミダブルベッド/幅1200mm*長さ1950mm
  • ダブルベッド/幅1400mm*長さ1950mm
  • クイーンベッド/幅1600mm*長さ1950mm
  • キングベッド/幅2000mm*長さ1950mm

※ちなみに掛け布団は各サイズのマットレスの各幅に

幅は+50cm/長さ+15cm

程度となります。

3畳寝室レイアウト事例4パターン

では早速寝室レイアウトをご覧ください。

長方形3畳寝室/短辺出入口×2人用(ダブルベッド/クイーンベッド)

3畳寝室レイアウト短辺入口1

3畳の短い方に出入口のあるプランです。

少々キツめですが、

ここにダブル~クイーンベッドを置いてみました。

二人用寝室として利用可能です。

ベッドの足元から潜り込むスタイルになります。

ベッドの組み立て、マットレスの搬入が困難なため、

出入口を引き違いにして、

取り外しができるようにしておいた方が良いです。

長方形3畳寝室/長辺出入口×1人用(シングルベッド)

3畳寝室レイアウト長辺入口1

長辺方向に出入口があるプランです。

コチラの場合はセミダブルが精いっぱいだと思います。

ということで一人用寝室としての利用をおススメします。

また開き扉の場合、部屋外に開くようにしましょう。

正方形3畳寝室×2人用(ダブルベッド/クイーンベッド)

3畳正方形寝室レイアウト1

3畳正方形タイプの寝室で少し強引に

ダブル~クイーンベッドを置いたプランです。

出入口の関係上、

ベッドの向きがこのようにしか置けません。

奥の人が出にくいですね。

また扉の開き方向にも注意が必要です。

正方形3畳寝室×1人用(シングルベッド/セミダブルベッド+クローゼット)

3畳正方形寝室レイアウト2

こちらも正方形3畳のプラン。

シングル~セミダブルベッドを置きます。

一人で利用する寝室としては、

一番使い勝手が良さそうです。

3畳寝室で二人寝ることは一応可能!だけどやっぱり一人の方が使いやすい・・・

二人用の寝室として一応利用可能ですが、

出入口や窓の位置、そして配置するベッドは

慎重に決めておく必要があります。

特に最近のベッドは大容量収納付きの

ものもあり、

どうしても収納力の不足しがちな

コンパクトな寝室にはうって付けだと

思います。

ちなみに

このブログでは他にも

“寝室4畳バージョン”や

“お子様部屋4畳バージョン”もご用意しています。

お時間がありましたら是非ご覧ください!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる