3畳の子供部屋にベッド、収納、勉強机まで!失敗・後悔しないレイアウトをご紹介します。

子供部屋3畳のレイアウトC

この記事では

3畳の子供部屋空間を

上手に使うためのレイアウトを

図面とモデルでわかりやすくご紹介します。

3畳の子供部屋に収納や勉強机を配置できる?失敗・後悔しないレイアウトを図面でわかりやすくご紹介します。

私は普段住宅設計の仕事をしていますが、

ほんの少し前までは

子供達のプライベート空間である

子供部屋を広くとるように

お願いされることが多かったです。

「収納別で最低6畳以上×3部屋は欲しい」と

よく言われたものでした。

しかし今では

ご家族同士のつながりを大切にしようという

意識の方が増えてきたこともあり、

子供部屋や寝室などは最小限におさえる代わりに

みんなで過ごすLDKや収納空間、

水回り空間を広くする流れになっています。

とはいえ、

「さすがに子供部屋3畳だと何も出来なさそう」

という声もよく聞くので

今回は3畳でどんな暮らし方ができるか

図面とモデルでわかりやすくご紹介していきます。

関東間の3畳部屋

一般に○畳といっても、

関東間や京間で大きさが変わりますが、

せっかくなので今回は

一番狭い間である

関東間(芯々で0.91m×0.91m)

でご紹介していきます。



子供部屋3畳を計6パターンに分類

3畳子供部屋レイアウト図面

 

3畳という部屋は

ざっくり分けて次の2つの形になります。

  1. 1.82m×2.73m=4.97㎡(3畳)
  2. 2.275m×2.275m=5.17㎡(3.1畳)

次に

さらに3畳の中に必要な要素の違いで

3つに分かれます。

  1. クローゼットも机も無くて良い
  2. クローゼットが必要
  3. クローゼットと机も必要

1、クローゼットも机も無くて良い3畳部屋

これは子供部屋は寝るだけで

部屋の外に勉強できるスペースも

収納もある場合です。

個人的にはこういう部屋だと

全然狭さを感じずに過ごせると

思っています。

2、三畳の中にクローゼット(チェスト等も含む)が必要

3畳の中で

ベッド+クローゼット+ちょっとした物置き場

を用意する場合です。

こういう使い方をしたい人が一番多いと思います。

部屋の入口と窓の位置次第ですが、

こちらも問題なく過ごせるようになります。

3、三畳の中にクローゼットと勉強机も必要

3畳というスペースの中に

ベッド+クローゼット+勉強机が必要

というてんこ盛りな空間です。

こういうプランは

設計当初から

部屋の出入り口、窓の位置、

天井高さや家具の位置などを

きっちりと考えておく必要がありますが、

今回ご紹介するレイアウトを参考にしていただければ

問題なくまとめることができるはずです。

 

このように子供部屋3畳は

3畳の形状2パターン×必要な要素3パターン=6パターン

に分けられます。

このうち一番簡単な

“クローゼットも勉強机も必要ない”パターンを

除く4パターンをご紹介していきます。

子供部屋三畳レイアウト実例をイラストでご紹介します。

子供部屋3畳のレイアウトA

1.82×2.73mの部屋の短辺が出入口の場合です。

ベッドの他ちょっとしたハンガーとキャビネットを置いた

レイアウトになっています。

おそらく3畳の部屋を作る場合に

最も多くなりがちな短辺側に出入口がくるプラン。

ですが正直、

短辺側が出入口になるとモノをあまり置けません。

子供部屋3畳のレイアウトB

同じ部屋の形状で長辺方向に出入口がくる場合のレイアウトです。

こちらも同じく

ベッド、ハンガー、キャビネットと置いていますが

先ほどよりは収納量が増えます。

子供部屋3畳のレイアウトC

1.82×2.73mの部屋に

ベッド、服の収納とさらに勉強机まで

置いたレイアウト。

この部屋の形状で全て置こうとすると

ロフトベッドを活用する必要があります。

しかし、やってしまえば意外にも

狭さは感じないかもしれません。

ロフトベッドは家具屋でも良いですが、

工事中に下地を作り、ベッドのフレームを

造作で浮かせて作ってもらった方が、

ベッド下部の使い勝手が良いです。

またロフトベッドを採用する場合は

天井高さが最低2.5m以上あると

ベッドの上部の圧迫感の軽減と

ベッドの下部の使い勝手がよくなります。

 

3畳の子供部屋レイアウトA

2.275×2.275mの空間は

長方形の3畳空間より

ほんの少し面積が広いということと

家具の配置のしやすい形状ということで

ベッド+服の収納+勉強机が問題なく置けます。

3畳の子供部屋レイアウトB

窓がどこにあっても

問題なく家具が置けるのがこの形状の良いところです。

 

子供部屋は3畳でもなんとかなる!

ということがお分かりいただけたところで

配置する家具について一つ注意点があります。

それは

デザイン性が高く

使いやすく

かつ末永く使える家具

を置くことです。

限られた空間だからこそ、

デザインや使い勝手の良いモノを選ぶことによって

暮らし心地が全然変わってきます。

ただまだ小さな子供に合わせて

可愛らしい家具を買ってしまうと

成長したときに不釣り合いになってしまいそうで

買い替えるとなるともったいない・・・

高感度でシンプルで機能的な家具

そんな家具を置いているのが

『LOWYA(ロウヤ)』です。


今回内観パースで使用した家具については

こちらのサイトで取り扱いのある家具の

雰囲気やサイズ感を参考にデザインし

配置しています。

実は意外とお手頃の商品が多いんです。

例えばよく利用されるプラの衣装ケースにも

デザイン性を加えており、

高級感を出しながら低価格を実現しています。

またiphoneやipadをお持ちの方であれば

購入検討中の家具の色やサイズ感などを

AR技術を使って部屋に置いてみて

その場でチェックできるのも嬉しいところ。

商品数も多いので見ているだけでも楽しいサイトです。

是非一度チェックしてください。