4畳寝室を広く使うベッドの配置方法、レイアウト集

寝室4畳の広さとベッドの配置事例

寝室は一般的には6畳から

計画することが多いですが、

最近ではLDKや水回りを優先させて

個室は可能な限り圧縮する

お客様も増えています。

今回ご紹介するのは4畳ということで、

寝室にしては

コンパクトな部類になりますが、

収納は他の部屋で設けながら

家具のレイアウト次第で

夫婦2人用の寝室

にすることができます。

ちなみに今回のようにコンパクトな寝室の場合、
ウォークインクローゼット(WIC)があると心強いです。
別記事でWICの間取りの基本もご紹介していますので
こちらもご覧ください。

※なお、お子様のお部屋については別記事でご紹介しています。

スポンサーリンク
目次

4畳の寝室を夫婦用に。レイアウト次第でシングルベッド2つやクイーンベッドが置けます!

夫婦2人の寝室にしようとすると

シングルベッドであれば2台か

クイーンベッド以上の広さが必要になりますが、

出入口の位置や家具の配置によっては置けます。

※ちなみにこの記事で登場する

ベッドサイズはこちらです。

  1. セミダブルまでが1人
  2. ダブルで2人
  3. クイーンやキングで3人まで

就寝可能です。

関東間4畳の広さは?

今回ご紹介していく4畳の広さは”関東間”にしています。

関東間はいわゆるシングルグリッドのため、

実際の部屋の広さはさらに狭くなります。

4畳の広さ

4畳と聞いて考えられるのは

画面左側の間取りが多いと思います。

画面右側は、

例えば

7.5畳一部屋を2部屋に分割する

時に登場する間取りです。

4畳寝室のレイアウト事例をご紹介します。

では早速レイアウトを見ていきましょう。

短辺出入口+一人部屋+収納付き

4畳寝室レイアウト短辺入口2

細長い部屋の短辺側に

出入口がある場合のレイアウトです。

シングルベッド、又はセミダブルベッドと

奥行60cm(クローゼット等)程度の収納を

置くことができます。

ベッド脇にはナイトテーブルも置けて

結構ゆったりと使えます。

短辺出入口+二人部屋

4畳寝室レイアウト短辺入口1

こちらも短辺側出入口のプランです。

収納を無くして

ダブル、もしくはクイーンベッドを置きます。

このようにすると夫婦2人の寝室

として利用できます。

注意点として

クイーンベッドを置く場合は、

事前に部屋の有効寸法を

調べておく必要があります。

幅1700mmは欲しいところです。

長辺出入口+一人部屋+収納付き

4畳寝室レイアウト長辺入口1

細長い部屋の長辺側に

出入口がある場合のレイアウトです。

他の部屋の間取りを考えると

このような出入口になることは

少ないかもしれませんが、

短辺方向から入るより若干広さを感じれると思います。

また短辺出入口のプランよりも、

より幅の広い収納が置けます。

注意点として、出入口が開き扉で

内開きになっていると開け閉めができません。

長辺出入口+三人部屋(ベビーベッド)

4畳寝室レイアウト長辺入口2

同じく出入口が長辺側にあるプランです。

かなりの密度ですが、

小さなお子様を含めての

3人の寝室にできます。

注意点としては

クイーンにする場合、

部屋の有効寸法に注意することや

扉の開き勝手に注意すること、

あとクイーンベッドの組み立てが

難しいかもしれないので、

出入口を引き違いにしておいた方が

無難かもしれません。

7.28mの間口を3等分した場合の変則4畳寝室レイアウト

ここからは少し変わった4畳のタイプを

ご紹介していきます。

間口7.28mの建物の1辺を

3等分(7.28÷3≒2.426m)した場合

の奥行2.73mの

変則4畳プランです。

例えば南側にお子様の部屋2部屋と

ご夫婦寝室を並べたい場合などに

登場します。

※今回は部屋を間仕切り壁で完全に仕切った場合のプランです。

間仕切り方はこの他にもいろいろな方法が考えられます。

変則4畳+一人部屋+収納付き

7.28m三部屋間仕切り分割4畳寝室レイアウト2

まずは一人用の寝室です。

十分な奥行の収納を設けることができます。

部屋が正方形に近くなったため、

細長い部屋よりも

ゆとりが感じられるかもしれません。

変則4畳+二人部屋

7.28m三部屋間仕切り分割4畳寝室レイアウト1

ダブルベッド、又はクイーンベッドを置いたプランです。

間口が広くなったため、

ベッドへの出入りがそれぞれ側面からできます。

そのため、夜中起きる時も

隣の方に迷惑が掛かりにくいです。

変則4畳+(最大)三人部屋

7.28m三部屋間仕切り分割4畳寝室レイアウト3

部屋いっぱいにベッドを配置したプランです。

シングルベッド2台で2人用の寝室として利用する

プランにしていますが、

キングベッド1台としてお子様1人を加えた、

3人用の寝室にすることもできます。

注意点としてはベッド組み立て、

及び搬入が難しいので

出入口を引き違いにしておく必要があります。

コンパクトなお部屋のベッドには圧迫感のないものを

さてこれまで色々なベッドを置いてきましたが

共通するのは

フットボードが無いベッドだということ

です。

足元から出入りになってしまうプランも多いため、

フットボードがあると邪魔になってしまうからです。

またそうでなくても立ち上がりがあると、

どうしても窮屈感がでてしまうので注意が必要です。

また最近のベッドの中には

収納付きベッドも豊富に販売されています。

収納不足に陥りがちなコンパクトな寝室には

うってつけの商品だと思います。

※ちなみにこの記事でご紹介したお部屋より、

もう少しコンパクトな3畳寝室の

レイアウトもご紹介しています。

こちらも興味がありましたらご覧ください。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる