Sketchup

【無料Sketchupレンダリング】”Kerkythea(カキーシャ)”のダウンロード方法から使い方までざっくり解説

sketchup無料レンダリングkerkytheaの使い方

この記事では

ほとんどのSketchup利用者が

無料でレンダリングする場合に

利用するであろう、

“Kerkythea(カキーシャ)”のダウンロードから

レンダリングまでざっくりご紹介します。

「細かい事は後でいい。

とりあえずこのモデルをレンダリングしてみたい!」

そういう方向けの記事になっています。

Sketchupを無料でレンダリング!Kerkythea(カキーシャ)のダウンロードから使い方まで簡単に紹介

まずはソフトをダウンロード、インストールするところまでご紹介します。

Kerkytheaダウンロードからインストールまで

まず公式サイトからソフトをダウンロードします。

kerkytheaダウンロード1

“Downloads”をクリックします。

すると次の画面に移りますので、

必要事項を入力していきます。

kerkytheaダウンロード2

全て入力し次へ進むとダウンロードできるページに移動します。

Sketchup×Kerkytheaの組み合わせの場合、

2種類のソフトをダウンロードする必要があります。

  1. Kerkythea自体(“Download Kerkythea”と書かれた方)
  2. Sketchup上で操作するためのPlugin(“Download Sketchup Plugin”と書かれた方)

この2種類が必要です。

kerkytheaダウンロード3

2つダウンロードが済んだら、

ダウンロードされたフォルダを表示します。

kerkytheaインストール1

このうちexeファイルの方は

ダブルクリックでインストールします。

rbz(Sketchupプラグインファイル)は

まず解凍する必要があります。

解凍すると現れる

フォルダーをダブルクリックします。

中にはフォルダーとデータがあります。

kerkytheaインストール3

この2つを

そのままプラグインフォルダーに置いたら完了です。

SketchupからKerkythea用のデータを取り出す

ではさっそくSketchupでレンダリングしたいファイルを開きます。

sketchupでkerkythea使い方1

※注意:SketchupデータをKerkytheaに移す前に注意しておきたいことが3点あります。

  1. 現在のビューや影の情報をそのまま持って行って、レンダリングする方が簡単で良いので、この時点でカメラや影などを設定しておく。
  2. コンポーネント図形はKerkytheaが反応しないことが多いので、すべて解除しておく必要がある。
  3. コンポーネント解除したsketchupデータは修正などの際扱いにくいので、一度レンダリング用として別保存しておいた方が良い。

先ほどのプラグインインストールが成功していると、

画面上部にKerkytheaのアイコンが登場しています。

このアイコンの中には

照明用の明かりを設置するものもありますが、

とりあえず太陽光のみで

レンダリングすることにします。

Kerkytheaアイコン群の

一番左をクリックしてください。

すると次のような画面になります。

sketchupでkerkythea使い方2

細かい設定があるのですが、

すべてそのままでOKしてください。

するとXMLファイルが作成されます。

sketchupでkerkythea使い方3

このXMLファイルを

Kerkytheaで開いてレンダリングしていきます。

※Kerkytheaでファイルを

開こうとしたときにエラーが出る場合、

ファイル名に日本語を入れないよう変更して、

もう一度開いてみてください。

 

Kerkytheaの起動と表示方法の変更

sketchupでkerkythea操作方法1

初めはワイヤーフレームで

表示されているのですが

ちょっとわかりにくいです。

まずは表示を変えます。

View→Adjust→Solid Renderingと設定します。

sketchupでkerkythea操作方法2

するとわかりやすく表示されます。

sketchupでkerkythea操作方法3

※この時点で

Sketchupからインポートできていない

モデルが無いかどうか確認しておきます。

コンポーネントやグルーピングされているものは

正しく読み込まれない場合もあります。

その場合はグループやコンポーネントを解除し

再びXMLファイル作成と進めて、

ここまで戻ってきてください。

マテリアルの設定

次にマテリアルの設定をしていきます。

Sketchupからはマテリアルの色柄は

インポートされていますが

反射や透過の情報は正確にはインポートされていません。

ですので、

Kerkythea側でその設定をしていきます。

ガラスのマテリアル設定

まずは窓のマテリアルの設定をします。

画面の窓部分をクリックしてください。

すると画面左側のマテリアル一覧の中で

対応するものが反応します。

そこを右クリック→Edit Materialsとすすみます。

sketchupでkerkythea操作方法4
すると次の画面になります。

sketchupでkerkythea操作方法5

“Matte/Phong”という部分を

“Thin Glass Material”に変更します。

ガラスのモノはこれで設定します

kerkytheaマテリアル設定1

“Reflectance”の項目で

同じく”Reflectance”と表示されている部分で

右クリックをすると一番左に出てくる

カラーチャートのアイコンを左クリックします。

kerkytheaガラス設定

色を選ぶようになりますが、

とりあえず真っ白を選びましょう。

白色を選ぶほど透過性が高く、

色味が付いていると透過される光も

色味が付きます

kerkytheaマテリアル設定2

窓ガラスは以上です。

下部の”Apply Changes”で画面を押し、

画面を戻します。

コレを忘れると変更ができていないまま閉じる事になります。

鏡や液晶など反射するマテリアルの設定

次にテレビの液晶のマテリアルを編集します。

kerkytheaマテリアル設定3

テレビの液晶は透過性はなく、

黒くて鈍く反射させるようにします。

“Matte/Phong”という部分を

今度は”Dielectric/ Glass” に変更します。

鏡なんかはこれで設定します

kerkytheaマテリアル設定4
マテリアルの設定は以下のようにしてみました。
kerkytheaマテリアル設定5

テレビの液晶は以上で完了です。

“Apply Changes”をクリックし画面を戻します。

フローリングや家具などのマテリアル設定

次はフローリングです。

フローリングはテカテカ光る必要はありませんが、

光の反射があるのとないのとでは、

仕上がりの見栄えが変わります。

kerkytheaマテリアル設定6

フローリングは”Matte/Phong”のままで良いです。

“Reflectance”の項目の

“Reflection”を右クリックし

カラーチャートについては

テレビの液晶の設定をした時と同様に

黒っぽい色を選択します。

フローリングの設定もこれで以上です。

ソファーのファブリックなど

光の反射が必要ないマテリアルは

操作しなくても大丈夫です。

空の色を変更

デフォルトの空は青みや赤みの強い空になっているので、

ナチュラルな感じになりません。

空の色を白色に変更します。

Settingsから”Sun and Sky・・・”を選択します。

kerkythea背景空の色変更1

初めに出てくるのはこの画面ですが、

Sketchupからの

情報が引き継がれているので

ここは飛ばして”Next”をクリックします。

kerkythea背景空の色変更2

次の画面はこのようになっています。

kerkythea背景空の色変更3

タブをクリックして”Sky Color”を選択します。

次にMap/Colorをクリックし、黒から白に変更します。

kerkythea背景空の色変更4

これでとりあえずの調整は終了しました。

細かい設定は置いといて

レンダリングしてみましょう。

細かい設定をする場合はRender→Setup・・・へと進みます

kerkytheaでレンダリングをする

画面上部の

人が走っている緑のアイコンをクリックすると

設定画面になります。

kerkytheaレンダリング1

このままOKを押します。

すると画面左上にアイコンが出ます。

レンダリング中です。

kerkytheaレンダリング2

終わったら錠のマークが消えます。

マークが消えたら

今度は木と草原のアイコンをクリックします。

kerkytheaレンダリング3

出力された画像は暗いので、

ここで明るくしていきます。

“Exposure”と”Gamma”のツマミをドラックで調整してください。

kerkytheaレンダリング4

最終イメージの完成です。

初期設定のレンダリングは

そこまでの品質ではないので、

データ内容やPC環境にもよりますが

3分程度で完了(今回の場合は1分30秒)します。

良く見ると影がおかしいのですが、

とりあえずの雰囲気はつかめますし、

kerkytheaを開いてからレンダリング完了まで

5分程度というのは

ありがたいですね!

より精度の高いレンダリングをする場合は、

Renderタブ→Setupに移り、設定を変更しますが、

高精度のものを出力しようとすると

PCを半日は放置することになるので、

注意が必要です。

動画で解説

Kerkytheaの流れがより掴めるように動画も

用意しました。

コチラもチェックしてみてください。

リンク

Sketchupで住宅や家具をつくる手順もご紹介しています。

お時間ありましたらそちらもよろしくお願いします。

jwwを3Dに
流れでわかるスケッチアップの使い方/建築モデル作成をまるっとお見せします。|旧google sketchup普段、住宅設計をしている中で 培った実践的な手法をご紹介します。 この記事をご覧いただくと 建物(住宅モデル)の下書き...
sketchup家具机の作り方
【初心者向け】Sketchupでシンプルな家具をつくる(机・ソファ編)この記事では 初心者の方向けに sketchupでつくるシンプルな机・ソファーを 作る方法をご紹介しています。 ...