【Sketchupmake(スケッチアップ)の使い方まずはこれだけ】とにかく今すぐ始めたい方へ

スケッチアップインテリアパース

この記事は

  • スケッチアップ無料版を使ってどんなことができるか知りたい
  • スケッチアップが操作ができるよう最低限のことが知りたい

方向けの記事になっています。

スポンサーリンク
目次

Sketchupmake(スケッチアップメイク)は無料版でも使い方は自由|DIY図面や家具の配置検討から建築物の作成etc…

スケッチアップインテリアパース

スケッチアップは簡単な操作で

3Dモデルを作成できるソフトです。

現在は大まかに分けて

  1. 無料版・・・Sketchup for web 又は Sketchup 2017 free
  2. 有料版・・・SketchUp Proサブスクリプションetc…

と別れていますが、

今回は無料版を前提とした解説となっています。

無料版は商用利用ができないところに

注意が必要ですが、

一般の方の趣味としての利用や

建築分野の仕事をされている方の

お試し版として十分な利用価値があります。

例えば

  • DIYの家具モデルを作成
  • 部屋の家具や家電、収納用具の配置の検討

建築分野では

  • ファサードの検討
  • 窓の位置や太陽の光の検討
  • プレカットや軸組みの検討
  • 内部空間構成の把握
  • 給排水や空調配管の経路の検討
  • 外構の検討

など様々な用途が考えられます。

上記の画像もスケッチアップで作成しています。

さらにレンダリングソフトと組み合わせれば本格的なパース制作も可能に!

スケッチアップ内観パース

レンダリング前

スケッチアップカキーシャレンダー画像

kerkythea(カキーシャ)によるレンダリング

スケッチアップはモデルを作成するソフトとしては優秀ですが、

リアルな描写が可能なCGレンダリングの機能がありません。

しかし別途レンダリングソフトと組み合わせることで

綺麗なグラフィックを出力することもできます。

CGにこだわりたい方は

デフォルトに入っているテクスチャー(マテリアル)では

物足りないと思います。

リアリティのある独自マテリアルを取り入れましょう。

(Web版ではできません。)

詳しくはコチラの記事をご覧ください。

https://halu-ie.com/sketchup-make-materials/

無料のレンダリングソフトのKerkytheaについては

コチラの記事で詳しく解説しています。

https://halu-ie.com/sketchup-rendering-with-kerkythea/

sketchup(スケッチアップ)無料版2種類の特徴

先ほどご紹介したように

現在スケッチアップの無料版は

  1. Sketchup Make 2017
  2. Sketchup for web

の2種類がありますが、

おススメは断然①です。

この2つの違いは

別記事内で紹介していますが

どちらにしようか迷っている方も

ひとまずMake(2017)の

ダウンロードは済ませておいてください。

Make(2017)は

2022/1月現在でも公式サイト

ダウンロードが可能です。

Sketchup Make 2017は

いずれダウンロードできなくなると思います。

MakeとWebを含めて

Sketchupのそれぞれの特徴は

コチラの記事で紹介しています。

sketchup(スケッチアップ)操作|まずは7つの操作をおさえる

スケッチアップは感覚的に操作できるよう設計されており、

少し操作をしていればすぐにモデリングができるようになります。

簡単な操作で家具も簡単に作れる

スケッチアップ家具モデリング

まずは

  1. 四角形|面に2Dの四角形を描く
  2. 円形|面に2Dの円形を描く
  3. 円弧|面に2Dの円弧を描く
  4. プッシュプル|面に描かれた図形を立体(3D)にする
  5. グループ化|図形を1つのかたまりにする
  6. 移動|図形や立体を移動する
  7. メジャー|採寸や補助線を書く

この6つを覚えておけば

簡単な机、収納、ソファなど家具を

すぐに作成することができます。

画像の家具は机、

椅子それぞれ5分程でモデルを作成し、

30秒ほどでマテリアルを付けました。

さらにプラグインソフトを取り入れれば

もっと簡単に家具を作成することが可能になります。

詳しい作成方法は下記の記事や動画でご確認ください。

https://halu-ie.com/sketchup-make-furniture-desk/

住宅をつくるために必要なコマンド

より大きな建築物を作成する場合は

先ほどの基本操作以外に

さらにこの3つを覚えておくとよいです。

  • コンポーネント化とコンポーネント利用
  • レイヤー分け
  • 3D warehouseダウンロード

この3つはモノをつくるための

コマンドではありませんが

モデルの修正が必要になることが多い

建築物を作成するには非常に役に立ちます。

詳しくはコチラの記事で解説しています。

https://halu-ie.com/sketchup-modeling/

スケッチアップをダウンロード&インストールする手順

スケッチアップMake2017(Free版)でもWeb版でも

始めるためには

どちらもスケッチアップの

アカウントが必要です。

一つあれば他のサービスも利用できます。

まずはどちらか選んで公式サイトに行きます。

Sketchup Make2017(free版)を使いたい場合

Sketchup(2017~2020)公式ダウンロードサイト

スケッチアップ無料版ダウンロード手順1

“Try Sketchup”をクリックすると次の画面に

なりますので必要情報を入力し、アカウントを作成してください。

スケッチアップ無料版ダウンロード手順2

終わったら再度ダウンロードサイトへ行きます。

ページの下の方にスクロールしていくと

“日本語”版が出てきますので、

そちらをダウンロードします。

スケッチアップ無料版ダウンロード手順3

ダウンロードしたファイルを実行してインストールしてください。

Sketchup for Webを使いたい場合

Sketchup for Webの場合も

アカウントを作成します。

Sketchupのアカウントを別で作った場合など、

既にある場合は”Sign in”をクリックして下さい。

Sketchup for web 公式サイト

スケッチアップweb無料版ダウンロード手順1

“Try Sketchup”をクリックすると次の画面に

なりますので必要情報を入力し、

アカウントを作成してください。

web版はインストールが不要なので

入力はこれで完了です。

入力が完了すると

次のような画面になります。

早速”モデルの作成を開始してください”

から始めましょう。

スケッチアップweb無料版ダウンロード手順2

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる