Sketchup

【Sketchupプラグインのおススメまとめ】本当におすすめできるモノだけを厳選して紹介!

スケッチアップおすすめプラグイン

この記事では

主に建築関係で利用している方に

私が実際に取り入れているプラグインの中で、

「これはインストールしておいたほうが良い!」

と感じた、

おすすめプラグインをご紹介しています。

 

なおここでご紹介するプラグインのうち、

2つのダウンロードサイト

(sketchUcation,extensionwarehouse)

の導入方法についてはこちらの記事をご覧ください。

sketchup(スケッチアップ)plugin(プラグイン)の入れ方
Sketchupプラグインのダウンロードやインストール、エラー対策まで画像でわかりやすくご紹介します。この記事では Sketchupのプラグインの導入方法や エラー対策についてわかりやすくご紹介します。 Sketch...

sketchup利用者におすすめプラグインをまとめてご紹介!

良いものが見つかり次第、

追加してお知らせしていこうと思っています。

Jwwデータをスケッチアップに移せるプラグイン【Jww to Sketchup】

 

  • Jwcadの線データを下書き線としてSketchupに移せるプラグイン
  • 閉じた線の部分は自動で面を作成することも選択可能
  • 線だけでなく文字もアウトライン化して移すことができる
  • プロ版でしか変更できない真北の変更も可能

 

私は3Dモデリングで検討する際、

スケッチアップで一から線を引いていくことは

めったにありません。

2Dの線を引くだけならCadで

描いたほうがよっぽど早いですからね。

そのためCadで下書きをして、

それを元に

スケッチアップで3D化していきますが、

そんなことを可能にするプラグインが、

“Jww to Sketchup”です。

Jww側とSketchup側それぞれに

専用プラグインを入れることで、

使えるようになります。

操作方法が非常に簡単なのも魅力ですが

さらに、本来スケッチアップpro

でなければできない、

太陽の真北方角を変更できる

という点もありがたいです。

とても無料プラグインとは思えないレベルです。

非常に便利なペイントツール【thrupaint(FredToolsのツールの一つ)】

スケッチアップおすすめプラグインthrupaint1
  • 非常に有能なマテリアルペイントのプラグイン
  • グループに入らなくても1面や全面などペイントする部分を選んで塗れる
  • マテリアルの流れ方向も後から自由に変更できる

 

大変便利なペイントツール。

これを知ってしまうと、

デフォルトのペイントツールを使う気が失せます。

 

デフォルトのペイントツールは

一面だけの変更をすることが出来ますが、

全体を塗る場合は

  1. グループにするか、
  2. 先に全選択しておく

必要があります。

逆にグループになった図形の一面だけ

選択して塗ろうとした場合、

いちいちグループ内に入ってから

ペイントツールで変更しなければいけません。

これが結構時間のロスになるんです。

 

そこで役立つのがthrupaintです。

私がこのthrupaintを利用するメリットは以下の通りです。

 

  • グループ化しているモデルでも単一面のマテリアルを変更できる(全体の変更もできる)
  • 方向性のあるマテリアルの流れ方向を自由に選べる

 

方向性のあるマテリアル、

例えばフローリング等は

デフォルトのペイントツールだと

流れ方向はマテリアル登録されたとおりにしか、

ペイントできません。

一方thrupaintでは

ペイント時に流れ方向を変えることができます。

同じペイントを選択した状態で

再びその面を選択すると、

流れ方向を360°自由に

変更することができます。

 

他にも表面と裏面をまとめてペイントできたり、

辺もペイントできたりする機能もあります。

また設定を変更すると、

デフォルトのペイントアイコンを押すと

自動的にこのプラグインが起動するようにもできます。

 

ダウンロード方法については

この後、他のプラグインとまとめてご紹介します。

強力なプッシュプルツール【joint push pull(FredToolsのツールの一つ)】

スケッチアップおすすめプラグインtjointpushpull1
  • 様々な方向へのプッシュプルが可能になるプラグイン
  • グループ化していてもグループに入らずに形状変更ができる

 

名前の通り強力なプッシュプルツールです。

プッシュプルの方法を色々と選択できますし、

グループ化のものでも中に入らずに形状変更が可能

なのが

嬉しいところです。

 

joint push pullは曲げたい方向に

自由にモデルを変化させることができます。

逆に言うとどんな無理でも聞いてしまうため、

変な指示をだしてしまうと、

ありえない形状に変化するばかりか

スケッチアップがエラーで

シャットダウンすることがあります。

そのため、このツールを使うときは

事前にセーブするなど

十分に対策をとっておかなければなりません。

LibFredo6およびFredo Toolsの導入方法

先の”Thru Paint”と”joint push pull”は

Fredo Toolsを導入することで

どちらも利用できるようになります。

 

ですが、その前にLibFredoを導入しておく必要があります。

このLibfredoは

【プラグインのためのプラグイン】になっていて、

これがないと、

同開発者のプラグインが利用できません。

2つともインストールしてください。

置き場所は

Libfredo

Fredotools

トップページは

Sketch Ucationです。

 

このサイトを利用するには事前登録が必要です。

複雑な曲面も簡単に作成!強力なモデリングツール【curviloft】

 

  • 線と線をつなげる線を描き、複雑な面を生成できるプラグイン
  • カーテンを描く場合などに重宝している
  • 上手に使えば曲面の椅子も作成できる

異なる線と線を結んで面にすることができるため、

私はカーテンを描いたりするときに使いますが、

使い慣れてくると、

複雑な曲面の家具なども作成できるようになります。

 

下の動画では[curviloft]を使って、

複雑な家具をパパっと作っています。

このプラグインの凄さが理解できると思います。

 

なお、こちらのプラグインも

SketchUcationからダウンロードできます。

https://sketchucation.com/plugin/1175-curviloft

グリッド線を簡単に引ける【grid】

スケッチアップ建築系おすすめプラグインgrid ツール
  • グリッドを使った作図をしている方にうってつけのプラグイン
  • ピッチは簡単に変更可能

 

簡単にグリッドの補助線が描けるツールです。

自分でグリッド線を描いていたら

2~3分とられてしまいますが、

このツールを使えば

グリッド線が2クリック、

わずか10秒程度で作成できる

というのがありがたいところ。

私の場合は

910モジュールで作成していますが、

変更することも可能です。

このプラグインの置き場は

grid tool

トップページは

Extensions Warehouse

です。

 

なおこちらもプラグインをダウンロードする前に

事前登録が必要です。

反転や反転複写が簡単にできる【TIG Mirror】

スケッチアップおすすめプラグインmirror selection
  • 図形を簡単に反転・反転複写ができるプラグイン

 

モデルを反転するとき、

通常なら縮尺コマンドを使って

反転することもできますが、

端点のクリックなど

結構操作が多く、面倒です。

このTIG Mirrorの特徴

  • 反転操作が直感的でわかりやすい
  • 反転複製も対応している

ところです。

また操作方法も

画像に書いている通りすごく簡単です。

  1. を選択します。
  2. Mirror Selectionツールをクリックします。
  3. 反転する基準軸を3回のクリックで確定させます。
  4. 元の対象を消すか残

プラグインの置き場はこちらです。

Mirror Selection

窓が簡単につくれるプラグイン【3 pt Window】

スケッチアップ建築系おすすめプラグイン3ptwindow10

 

  • 簡単に窓が作れるプラグイン
  • 開口寸法に縛りがなく、どんな開口にも対応可能
  • サッシと障子・ガラスを同時に作成できる

建築系の方には非常に便利なツールで、

その名の通り、

3回のクリックで窓をつくることができる

大変ありがたいツールです。

いわゆる”障子”だけでなくサッシのフレーム部分も

同時に作成することができ便利になっています。

プラグインの置き場所はコチラです。

3 pt window

切断面を黒く塗り潰してくれる【Section Cut Face 】

スケッチアップ建築系おすすめプラグインsectioncutface

 

  • プレゼン時に役立つ断面ペイントツール
  • 設定により、塗り潰した部分を編集することもできる

スケッチアップの難点として、

“モデルの身が詰まっていない”こと

が挙げられます。

別の3Dモデリングソフトである

“Vector”はソリッド図形で生成されるので

モデルを切断するだけで

簡単に断面図が作成できますが、

スケッチアップは切断すると

モデルの表皮以外はスカスカなので

そのまま断面図のように見せるのは難しいです。

 

Section Cut Faceを使えば

簡単な操作で、

断面部分を黒く塗り潰すことができます。

 

複雑な図形ではうまく塗り潰しができないこともありますが、

編集可能にしておけば、塗り潰し部分を削除したり、

四角コマンドなどで塗り潰しを加えることもできます。

 

プラグインの置き場は

Section Cut Face

です。

“スケッチアップで無料CGパース作成”ならまずはコレ【kerkythea】

kerkytheaレンダリング4
Sketchupのデータを利用した

色々な作成方法がありますが、

『sketchup用のプラグインがあって

作りやすく、さらに無料で作成』

できるソフトと言えば

“kerkytheaカキーシャ”をまず押さえたいです。

多彩なレイヤー管理が可能になるプラグイン【Layer Panels】

sketchupプラグインレイヤー管理 layerpanels

レイヤー管理パネルの

ヘビーユーザーは必ず入れておいて

いただきたいプラグインです。

Layer Panelsならではの機能は

次のようなモノです。

  1. レイヤーの並びを変えられる
  2. レイヤーをまとめて収容できるグループを作ることが出来る
  3. 全オブジェクトがどのレイヤーに属しているか色表示で一目でわかる
  4. 選択したオブジェクトのレイヤーを簡単に別レイヤーに移動できる
  5. レイヤーパネルで任意のレイヤーを選択すると対応するオブジェクトが選択できる機能がある

このように柔軟なレイヤー管理が可能です。

操作方法で良く使うものをご紹介します。

sketchupプラグインレイヤー管理説明

私の説明を見ていただいた後で、

こちらの動画を見ていただくと

より理解が進みます。

プラグインの保存場所は

Layer Panels

です。

プレゼンに最適。敷地に草原をつくるプラグイン【Make Fur】

敷地にマテリアルを張り付けただけだと

のっぺりした感じが否めません。

ですが、

立体感のある草を表現しようと

するととても手間がかかりますし、

データもとても重くなってしまいます。

そんな時に便利なのがこのプラグインです。

コンポーネントを上手に利用しているので、

データはそれほど重くなく、

また形状の変更も簡単です。

さらに、

既存のコンポーネントのランダム配置も可能なので、

大きなフィールドに

ランダムに樹木や人間を

配置するときにも役に立ちます。