リビング照明の失敗&改善ポイントをビジュアルで証明します。

照明失敗後悔あるあるグテーブルペンダントずれる

普段注文住宅の設計をしている私が

新築住宅の照明計画で

気を付けないといけない、

よくある

LDKの照明配置の残念事例

ちょっと気を付けるだけで

オシャレに見えてくる

ポイントをわかりやすくお伝えします。

リビング(LDK)照明の失敗後悔|雰囲気編

リビング(LDK)の照明は

実用的でありながらも、

雰囲気の良さが特に求められます。

 

ここからは、

その大切な雰囲気を壊しかねない

照明配置の失敗についてや、

対処方法をご紹介していきます。

リビング(LDK)照明失敗1|テーブルとペンダントライトの位置がずれてしまう

照明失敗後悔あるあるグテーブルペンダントずれる

注文住宅の打ち合わせ当初、

「なんとなくこの辺かな~」と決めた

ペンダントの電源位置。

いざ引き渡しを受けて

お気に入りのテーブルを配置してみると発生する、

“ペンダントライトがテーブルの真ん中にこない問題”

 

「テーブルの置き方、

飽きてきたから

ちょっとテーブル動かそうかな~」

と思ったときにも出てくる

“ペンダントライトがテーブルの真ん中にこない問題”

 

コチラ、よくありがちとはいえ

気になる方はイライラしますよね。

電源の場所は後で変更が難しく、

後悔する場合も・・・

 

こういった後悔を少しでも減らすには

次の2つの方法しかありません。

  1. 置く予定のテーブルと配置をしっかり確定させてから電源位置を決める
  2. 実際のテーブルを置いてから、ペンダントライトを下す位置を決める

 

このうち、おススメは2番の方。

やっぱり実際にテーブルを置いてみることで

しっくりくるテーブル位置が見つかります。

 

とはいっても、

工事中にテーブルを持ってくるのは

非常に難しいです。

ではどうすれば

  1. 引き渡しが済んで、
  2. 引っ越しが終わり、
  3. テーブル位置を決めてから、
  4. 最終的にペンダントライトの位置を決める

という

流れにすることができるか?

 

その一つの方法が

ペンダントライトの

延長コード+ヒートン固定です。

解決法|ペンダントライトを延長コード+ヒートン固定で後付けする

ペンダント照明テーブルからずれる後悔対策1

※この方法は新しく購入する

ペンダントライトの

コード延長ができる場合のみの方法です。

 

電源部はあえてはずす

最初から、

あえて少しはずした位置に

照明の電源(引っ掛けシーリング)

設けておきます。

ペンダントライトはオプションでコードを長くしておく

ペンダントの購入時に

コードを延長(オプション)してもらいます。

長さの目安は

ペンダントを吊るときに、

少し弛みがあるような長さにしておきます。

ペンダントライトをヒートン(フック)で吊るす

最後に

テーブルの真上に

ヒートン(フック)を取り付けて

そこに引っ掛けて下におろして完成です。

たとえばこんな感じです。

ペンダントライトフックと延長コード

こういう取り付け方をしていると、

今度テーブルの位置を変更しても

ヒートンを別の場所に移すだけで簡単に

照明器具を移動できます。

(ただし、ヒートンの元あった位置には

穴が残ってしまうので、

できるだけ穴が目立たないフックで

ひっかけた方が良いです。)

ex.電源部を配線ダクトにしておくと、さらに便利に

ペンダント照明テーブルからずれる後悔対策2

まだ打ち合わせの段階なら

画像のように最寄りの壁に

配線ダクトを用意する手もあります。

配線ダクトにしておけば

ペンダントライト以外の、

例えばスポットライトなど

別の電源にも流用できてお得です。

※ただし、照明器具が

配線ダクト用のプラグに対応していないとできません。

リビング(LDK)照明失敗2|ダウンライトが悪目立ちする

ダウンライト配置後悔失敗

打ち合わせの時は

図面を見ながら検討することになります。

ここで部屋を均等に照らせるようにと

図面上では整った配置になるよう

ダウンライトを散りばめたはずなのに、

いざ施工されて天井を見上げると

ダウンライトが雑然と配置されていて

悪目立ちしてしまう

という失敗をすることがあります。

解決法|ダウンライトは場所・用途ごとにまとめる

ダウンライトの配置の仕方

ダウンライト数個を一つの塊

としてとらえると、

天井がすっきりと見えます。

さらに、こうすることで

必要な部分に集中的に光が集まるため、

効率も良いです。

壁を照らすために無理に

ダウンライトを壁際に用意しなくても

ある程度、壁は照らせます。

 

上記画像のように

どうしても

壁に何かを飾ってそこに光を当てたい時は

照射角度の変えられる

ダウンライトを個別で

用意しましょう。

リビング(LDK)照明失敗3|壁際の照明がエアコンを照らす

先ほどの話の続きになりますが、

壁を明るくするために

照明器具を壁付近にもってくる場合、

“照らす予定の壁に障害物がないか”

どうか確認しておいてください。

例えば

エアコンやカーテンレール。

こんなものが付いている壁に光をあてても

せっかくの光が遮られるばかりか、

いらないものが悪目立ちしてしまいます。

解決法|エアコンや窓のある壁をわざわざ照らさない

さきほどもお伝えしましたが、

無理に壁際にライトを用意しなくても

それなりに壁は明るくなります。

どうしても明るくしたいなら

障害物のない

まっさらな壁を選んで照らしましょう。

エアコンの下に絵を飾って照明を当てたい!

という場合は

少し壁際から離して、

スポットライトを当てるか、

壁付けのライトを利用しましょう。

リビング(LDK)照明失敗4|雰囲気の良い空間にならない

リビング照明の雰囲気が出ない後悔失敗

1灯の明るい照明器具で

リビング空間全体を照らすようにすると、

操作も楽で生活はしやすいかもしれません。

しかし、どうしても単調な空間になりがちです。

最近では『調光・調色』が

できる照明器具が増えてきましたが

それでも雰囲気はイマイチです。

解決法|多灯分散型照明で深みのある空間にする

リビング間接照明と多灯分散型照明で雰囲気を良くする

私は、

雰囲気のある空間にするためには

次の3点が基本だと思います。

 

  • 『多灯分散型』の照明配置
  • 間接照明を利用する
  • 天井照明を少なくし、できるだけ明かりの重心を低くする

 

多灯分散型照明で実用性を兼ね備えた魅力的な空間にする

『多灯分散型照明』というのは

小さな明かりを点在させて

空間全体を照らす照明計画の事です。

テーブルの上部やソファ部分など、

それぞれ本当に明かりが必要な場所に絞って

光を届けていきます。

逆に

あまり明るさが必要ではない場所には

照明を設けないようにすることで、

同じ空間の中に明るさの濃淡ができて、

非常に深みのある空間になります。

間接照明をポイントにする

間接照明があるだけで、

オシャレ感が全然違いますが、

採用を検討する場合は注意が必要です。

 

  1. 大工さんや家具屋さんの工事が増えるので、たくさんつけると金額が上がりがちです。ここぞというところに利用しましょう。
  2. 間接照明が直接目に触れてしまうと台無しに。慎重に設置しましょう。
  3. 間接照明の点灯は単独でできるようにしておくこと。せっかくの間接照明も周りが明るいと効果が薄まります。

 

 

明かりの重心を落とす

これは少しわかりにくいかもしれませんが、

ダウンライトだけで照らされた空間と、

ペンダントライトやスタンドライトなど

空間の低い位置で照らされた空間だと、

後者の方がより落ち着きのある空間になります。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

家の照明に関しては

別記事もご用意していますので、

お時間ありましたら、そちらもご覧ください。

LED電球調光調色機能
今あるライトに調光・調色・リモコン操作を付ける簡単な方法/専用LED電球+リモコンをご紹介します。「お気に入りのペンダント・スタンドライトに 調光・調色機能が付いたらなぁ・・・」 「リモコンでまとめて ON・OFFで...
firecoreセンサーライトレビュー
【電気工事不要】取り付け1分、賃貸でも使えるセンサー付き照明(ライト)が優秀すぎるこの記事は 住宅設計者でもある私が 実際に買って非常に満足している センサー付き照明器具を ご紹介します。 取...