ペンダントライト設置で失敗しないための方法をご紹介します。

照明失敗後悔あるあるグテーブルペンダントずれる

この記事では

照明器具のペンダントの設置で

よくやりがちな家具とのズレという失敗と、

それを防ぐための解決方法について

住宅設計者である私がご紹介します。

ペンダントライトの失敗|テーブルとペンダントライトの位置がずれてしまう

照明失敗後悔あるあるグテーブルペンダントずれる

注文住宅の打ち合わせ当初、

「なんとなくこの辺かな~」と決めた

ペンダントの電源位置。

いざ引き渡しを受けて

お気に入りのテーブルを配置してみると発生する、

“ペンダントライトがテーブルの真ん中にこない問題”

「テーブルの置き方、

飽きてきたから

ちょっとテーブル動かそうかな~」

と思ったときにも出てくる

“ペンダントライトがテーブルの真ん中にこない問題”

 

コチラ、よくありがちとはいえ

気になる方はイライラしますよね。

電源の場所は後で変更が難しく、

後悔する場合も・・・

 

こういった後悔を少しでも減らすには

次の2つの方法しかありません。

  1. 置く予定のテーブルと配置をしっかり確定させてから電源位置を決める
  2. 実際のテーブルを置いてから、ペンダントライトを下す位置を決める

 

このうち、おススメは2番の方。

やっぱり実際にテーブルを置いてみることで

しっくりくるテーブル位置が見つかります。

 

とはいっても、

工事中にテーブルを持ってくるのは

非常に難しいです。

ではどうすれば

  1. 引き渡しが済んで、
  2. 引っ越しが終わり、
  3. テーブル位置を決めてから、
  4. 最終的にペンダントライトの位置を決める

という

流れにすることができるか?

 

その一つの方法が

ペンダントライトの

延長コード+ヒートン固定です。

解決法|ペンダントライトを延長コード+ヒートン固定で後付けする

ペンダント照明テーブルからずれる後悔対策1

※この方法は新しく購入する

ペンダントライトの

コード延長ができる場合のみの方法です。

 

電源部はあえてはずす

最初から、

あえて少しはずした位置に

照明の電源(引っ掛けシーリング)

設けておきます。

ペンダントライトはオプションでコードを長くしておく

ペンダントの購入時に

コードを延長(オプション)してもらいます。

長さの目安は

ペンダントを吊るときに、

少し弛みがあるような長さにしておきます。

ペンダントライトをヒートン(フック)で吊るす

最後に

テーブルの真上に

ヒートン(フック)を取り付けて

そこに引っ掛けて下におろして完成です。

たとえばこんな感じです。

ペンダントライトフックと延長コード

こういう取り付け方をしていると、

今度テーブルの位置を変更しても

ヒートンを別の場所に移すだけで簡単に

照明器具を移動できます。

(ただし、ヒートンの元あった位置には

穴が残ってしまうので、

できるだけ穴が目立たないフックで

ひっかけた方が良いです。)

ペンダントライト+配線ダクトの組み合わせでさらに便利に

ペンダント照明テーブルからずれる後悔対策2

まだ打ち合わせの段階なら

画像のように最寄りの壁に

配線ダクトを用意する手もあります。

配線ダクトにしておけば

ペンダントライト以外の、

例えばスポットライトなど

別の電源にも流用できてお得です。