Sketchup

はじめてTwinmotionを使う方向け|Sketchupモデルを30分でフォトリアルにしてみた。

sketchup twinmotion rendering

この記事では

Twinmotionを使って

Sketchupモデルを30分で

フォトリアルにしていく流れを

ご紹介します。

Twinmotion初めての方にSketchupモデルからパースを作成するまでの基本的な使い方や流れをわかりやすく解説します。

パース作成までの手順は大きく分けて5つです。

  1. SKPモデルをインポートする
  2. 周辺環境を設定する
  3. マテリアルを変更する
  4. オブジェクトを追加する
  5. 出力する

この流れに沿って説明していきます。

動画が見れる方はこの動画を見ていただくと

より分かりやすいと思います。

1、TwinmotionでSketchupモデルをインポートする

元画像はコチラです。

twinmotionsketchup加工前 twinmotion使い方1

Twinmotionを開いて

左上の”File”→”import”

と開くとこの画面になります。

ここで一つ注意が。

Optionの部分をクリックすると

Collapseの項目が

“Collapse by material”

になっている場合、

“Keep hierarchy”

に変更しておいてください。

こうすることで

スケッチアップでグループ化したモデルが

固まりのまま認識できるようになります。

グループ化したモデル、

例えばテーブルセットだとすると

そのセットを

Twinmotion側で配置を移動させたり

セットのみの色変更が可能になります。

一見あたりまえにも思える機能ですが、

“Collapse by material”

だとそれができません。

2、周辺環境設定をする

まず初めに

建物の建築地と方角の設定をします。

画面左下のアイコン群の真ん中の項目

“Settings”→”Location”をクリック

します。

すると下のような画面が出てきます。

twinmotion周辺環境設定

画像のように大体の建設地と建物の振りを設定します。

12時に合わせているのは

太陽方位を把握し、

建物の振りを確認しやすくするためです。

振りが設定できたら

あとは自由な日時に変更してください。

またこの項目の最後、

“Background”で奥に見える風景が変更できます。

3、マテリアルを変更していく

マテリアルの変更に移ります。

画面左上の▽印を押すと

このような画面が左から出てきます。

ここではマテリアル素材の変更や

オブジェクト(Sketchupでいうコンポーネント)を

配置することが出来ます。

twinmotionマテリアル使い方1

試しにテラスタイルのマテリアルを変更します。

Materials→Tiles→○○

とマテリアルを選択し

マテリアルのサムネイルからテラスタイルに

ドラッグ&ドロップ(以降D&D)

します。

twinmotionマテリアル使い方2

そうするとこのように変わります。

さらに”Scale”でタイルの大きさも調整できます。

twinmotionマテリアル使い方3

既存マテリアル色の変更

当然マテリアルを変更せずに

既存のマテリアルの色を変更することが出来ます。

twinmotion既存マテリアルの変更

画面中央のスポイトマークをクリックして、

変更したい箇所をクリックします。

twinmotionマテリアル使い方7

左下にその部分のマテリアルが表示されます。

ここで”Color”をクリックすると

現在の色が表示されるので、

任意の場所をクリックすることで色を調整します。

マテリアル変更+色変更+模様方向変更

新しいマテリアルに変更した後で

そのマテリアルの色変更することも可能です。

Sketchupから持ってきた

フローリングはのっぺりしていたので

よりリアリティのある

テクスチャーに変更します。

twinmotionマテリアル使い方8

画面左上の▽から

Library→Materials→Wood

へと進みます。

twinmotionマテリアル使い方10

デフォルトのフローリングでは

イメージに合うものが無かったので、

ひとまず

イメージに合う木目を選択し、

色変更を行います。

Color→色変更

twinmotionマテリアル使い方11

完全な白を選択しても

思ったより明るくなりませんでした。

そんなときは

“Color”右下のMore→Luminosity

で100%にすると明るくなります。

twinmotionマテリアル使い方12

木目の幅は

“Scale”の増減

木目の方向は

“Scale”右下のMore→Rotation(90°)

で変更できます。

twinmotionマテリアル使い方13

最後に

“Reflection”

で光沢感を変更します。

4、Libraryからオブジェクトを追加

家具・設備オブジェクトを配置していきます。

Library→Objects→Home→Living room

と進みオブジェクトを選択、

画面内の良い場所でクリックし配置します。

twinmotionオブジェクト配置1

既に設置したオブジェクトの選択方法

既に設置したオブジェクトの選択方法は2種類あります。

  1. 直接クリックする
  2. 画面右上の▽をクリックすると出てくるツリー構造の中から選択
Twinmotionオブジェクトの選択方法

実際は画面クリックとツリー構造の選択は連動しています。

ですのでクリックのみで対応できればそれでも良いですが、

例えば上の画像のような

テーブルセットの椅子だけを動かしたい

時にいくらクリックしても

テーブルセット全体を選択してしまう

時はツリー構造から椅子のみを

選択する必要があります。

植栽の配置方法

このソフトの出来栄えに

大きく貢献しているのが

植栽だと思っています。

どれだけ近づいても粗がなく、

本物っぽい仕上がりなんです。

配置の方法は他のオブジェクトと同じです。

Library→Vegetation and landscape→Trees,Bushes and so on…

 

twinmotion植栽の配置2 twinmotion植栽の配置

植栽をランダムで配置する

植栽をランダムで配置する方法は色々ありますが

今回のようにごく狭い敷地の中で配置する場合は、

ctrlを押しながら複数選択→画面上を連続クリック

という手順が良いと思います。

“Bushes”を配置していきます。

twinmotion植栽の配置3

樹種・大きさや方向までランダムで登場するので、

次々クリックするだけで自然な仕上がりが得られます。

最後に石を置いて前庭の完成です。

twinmotion植栽の配置4

既存ファイルに追加でモデルをインポートする、もしくは変更する方法

大分進んだ後で新たにアプローチ部分に

土間コンを置きたいとします。

こんな時、元ファイルをどのようにインポートしたかで

やりかたが大きく異なります。

大きく分けて3つあります。

  1. Direct linkを利用して開いた
  2. Twinmotionを開いてからインポートで開いた(この記事ではコチラの流れ)
  3. TwinmotionのBox等のオブジェクトを加工・変形し作成

twinmotion専用プラグインの

“Direct links”

で開いた場合、

Sketchupの方でモデルを追加作成し

Sketchup側でもう一度更新すると

Twinmotionの方に自動で追加されます。

非常に簡単です。

 

もう一つはこの記事で紹介したように

Twinmotion画面からインポートする場合です。

コチラの場合は別途土間部分だけの

スケッチアップファイルを作成し、

それをTwinmotionから追加でインポートします。

twinmotionにsketchup別モデルを追加1 twinmotionに別モデルを追加2

ちょっと手間がかかります。

Direct Linksの方が

ずっと簡単なのですが

下記のような問題がでたため

Direct Linksは利用していません。

Direct Linksで開くとTwinmotion側でオブジェクトの移動・編集ができない!?

私のPC環境での問題なのかもしれませんが

Sketchup2017×Twinmotion2020.2.0

でDirect Linksを利用して

TwinmotionにインポートされたSketchupのモデルは

Twinmotion側では

移動・編集ができないようになっています。

※Sketchup側で移動編集し、更新するという手順なら可能

 

これの何が一番残念かというと、

インポートしたSketchupモデルに

アニメーション(扉を開く、窓を開ける)が使えない

という事です。

下の動画は

Sketchupで作成した窓に

アニメーションを加えた場合の様子です。

この他、モデルの拡大縮小・回転・移動なども

Twinmotion側で操作できないので、

Twinmotion側で色々と手を加えたい場合は

Direct linksではない方がよいと思います。

他バージョンの組み合わせは試していませんし、

私のPC環境のみでの症状ということも考えられます。

そして

ごく簡単な形状のモノであれば

3番の方法で作成も可能です。

Objects→Primitives→Box,Cylinder and so on…

で選択してScaleやRotateで加工

他外部オブジェクトを追加する

車やテーブルセットを追加します。

twinmotion車配置2

これで完成です。

sketchupをtwinmotionでレンダリング1

5、イメージを出力する

イメージ画像を出力する

流れとしては

ひとまずお好みの位置で

キャプションを取って

最後にまとめて出力という感じです。

外観と内観1枚ずつ出力したい場合は

以下の流れです。

twinmotion画像出力1

自分が出力したい位置に

画面を移動させます。

そして

画面左下Media→Image

と進みます。

twinmotion画像出力2

その位置で良ければ

“Create image”をクリックすると

キャプション画面が出てきました。

twinmotion画像出力3

出力したい場合は

画面左下のExport→Imageをクリック

します。

twinmotion画像出力4
先ほどキャプションした画像が

ずらっと出てきますので、

クリックで選択して

画面右隅の “Start export”

で完了です。