Sketchup

【イラストですぐわかる!】Sketchupショートカットキー一覧&変更カスタマイズ方法まとめ

sketchupshortcutkey(ショートカット一覧)

Sketchupの

初期状態のショートカットキーを

覚えやすいよう

イラストでわかりやすくまとめました。

特に以下の方にお役に立つ内容になっています。

  • 手元にショートカットキーの一覧表を置いて作業をしたい方
  • 作成スピードをアップさせたい方

Sketchupショートカットキー一覧&変更カスタマイズ方法をビジュアルでわかりやすくご紹介

Sketchupモデル作成のスピードアップには

ショートカットキーの利用が欠かせません。

馴れてくるとキー利用の方が圧倒的に早くなってきます。

ただ、初めは覚えるのに苦労するんですよね。

そこですぐに確認できる一覧表のようなものがあれば

上達するのも早くなると思いまとめました。

ショートカットキー一覧表はコチラ

sketchupshortcutkey(ショートカット一覧)

キーボードイラストから

アクションを確認する方法の横に

したいアクションからキーを確認する

逆引きの両方を作成しました。

マウスホイールでの視点移動はかなり使いやすい

ズームやパン、オービットなどの視点移動は

利用回数が非常に多いので、

ショートカットキーを押すのも大変です。

“マウス(スクロール)ホイール付き(押せるタイプ)

マウス”ならこの2つのコマンドが非常に楽になります。

身動きが取れなくなったら”Shift+Z”で脱出

モデルをある程度作り込んでいくと

モデル内でズームコマンドが効かず

身動きが取れないことがたまにあります。

また操作を誤って

自分がどこにいるのかわからなくなった時など

Shift+Zで全体表示コマンドを使うと無事脱出できます。

初期状態のショートカットは物足りない?

一覧表を見ていただくとわかりますが、

初期状態で登録されているショートカットキーは

意外と多くはありません。

またズームやパンなど

マウスで操作する方が簡単なものも

登録されているので、

キーがもったいない気がします。

また自分が使いたいコマンドが

ショートカットに登録されていなかったり・・・

「もっと自分好みのショートカットキーにしたい」

そんな方はカスタマイズしましょう。

ショートカットキーを変更・カスタマイズする

sketchupショートカットキー変更カスタマイズ

ショートカットキーの変更、

カスタマイズは非常に簡単です。

ウィンドウ→環境設定→ショートカット→設定したいコマンド→対応するキー

の順に入力していきます。

描写コマンド以外の様々なコマンドがショートカットキーに登録できる

描く、見るなどの通常のコマンド以外にも

プラグインツールコマンド、データの保存、アニメーションの追加etc…

様々なコマンドを登録することができるので

カスタマイズが楽しくなります。

 

キーが重複した場合はどちらか片方を選択

スケッチアップショートカットキー変更1

私の場合はなんといっても”グループ化”が重要なので

“G”キーをコンポーネント化から移しています。

jwwを3Dに
流れでわかるスケッチアップの使い方/建築モデル作成をまるっとお見せします。|旧google sketchup普段、住宅設計をしている中で 培った実践的な手法をご紹介します。 この記事をご覧いただくと 建物(住宅モデル)の下書き...

グループ化を”G”キーに設定しようとすると

先に登録されているコンポーネント化が”G”を

使ってますが上書きしますか?

とアナウンスが入ります。

当然ながら1つのキーに登録できる

コマンドは1つだけです。

shiftやctrl同時押しという形で登録することもできます。

“はい”で上書きが完了です。

環境設定を変更すると他のskpファイルにも自動的に適用される

ショートカットキー登録が終わった後に

開いているskpファイルを

保存するかどうか悩みましたが

保存せずに新たにskpファイルを開いても

無事、新ショートカットコマンドが

反映されていました。