キッチンリフォームをご検討の方へ。費用はキッチン本体+50万円で考えます/工事内容や細かい内訳、スケジュールの目安もお見せします。

キッチン交換リフォーム費用

この記事は「キッチンのリフォームに興味はあるけど、一体どれくらいの費用がかかるのかざっくりでいいから知りたい。」という方に向けた記事です。

リフォームの仕事をいただくことも多いのですが、皆さん

「とりあえず、ざっくりとした金額を知りたい」とおっしゃる方が多いです。

確かに一般の方は100万かかるのか200万かかるのか見当がつかないし、見積もりしてもらっても、あまりに高くて工事に至らなかったら申し訳ないという思いがあるようです。

一方でリフォームは既存の建築物がどうなっているのか、敷地の接道条件はどうなっているか?など様々な条件で金額が大きく変わってきますので、業者はそう簡単に費用をお伝えするわけにはいきません。

今回の記事は一般の方にわかりやすく概算費用を出しながら、その概算費用の下となる条件も提示することで根拠を持たせています。

※ただしそうはいっても、工事内容や、敷地条件、既存建物の状態によって費用が大きく変わったり、各業者によって費用項目や項目別の金額は違いますのであくまで参考程度にご覧ください。

キッチンリフォームの概算費用やスケジュールの目安をざっくりとご紹介します。

キッチンリフォームに至るまでの経緯と状況

話をわかりやすくするために、以前私が担当したキッチンリフォームの現場を元にして、少し状況設定を加えたいと思います。

リフォーム現場の状況

  • キッチン設置場所は木造2階建ての1階
  • 車が敷地のすぐ近くに止められる
  • キッチン撤去のためのルートが確保できている。(現場で細かく切断しなくてよい)
  • キッチンの間取りの変更とキッチンの形の変更はなし
  • 食洗器用の配管と配線はすでにある。
  • 調理はガスコンロ(都市ガス)

リフォーム前のキッチンの状態

  • 20年使用してきたキッチンでビルトイン食洗器の動きが悪くなってきた。それにキッチン天板のステンレスの傷やコンロの汚れが目立ってきたし、収納扉は開き扉のタイプでいちいち屈んで取るのがしんどくなってきた。

キッチンリフォームに対する要望

  • 動きが悪くなってきた食洗器を交換したいだけだったけど、どうせなら掃除がしやすく、便利で収納力のあるキッチンに丸ごと入れ替えたい。レンジフードも今のレンジフードは掃除がしにくいので新しくしたい。
  • 料理の油汚れや夫のタバコの影響でクロスが汚れているので、せっかくならキッチン空間のビニルクロスを全てやり替えたい。
  • できるだけ早く日常の生活に戻れるよう早く工事を澄ましてほしい。

提案したキッチンリフォームの工事内容

上記の状況を踏まえてリフォーム内容を提案しました。

  • I型キッチンの形はそのままで新しいキッチンに変更+レンジフード交換
  • キッチン側面壁(正面も)のキッチンパネル交換
  • キッチン内部3M×4Mの天井・壁のクロスを交換

一方で手をつけなかった工事は

  • キッチンの間取りとキッチンの形状は変更しない=工事箇所少なくして、できるだけ工事期間を短くしたい
  • キッチン床=理由/張り替えなくても綺麗だったのと、同じ形状のキッチンを選択することでキッチンの下の床のことも考えなくて済んだため。
  • カップボード=理由/綺麗だったため

です。
目次に戻る

キッチン空間の様子(スケッチ)

ここでキッチン内部の様子をスケッチでお見せしておきます。

セミオープンの空間で対面式のキッチンです。

 

 

 

 

 

 

目次に戻る

全体の工事の流れ(スケジュール)

1日目/キッチン廻りの空間やカップボードを養生+水道とガスの元栓を止める→キッチン+レンジフード撤去工事

2日目/キッチン撤去工事で傷んだキッチン、レンジフードの下地壁を修復→キッチンの水道配管、ガス配管を新しいキッチンの位置に移動

※同じI型キッチンでの交換の場合でも

3日目/キッチン側面(正面)キッチンパネル張り付け→キッチン据え付け→レンジフードダクト接続と据え付け

4日目/上下水道とガスをキッチンと接続

5日目/壁+天井のクロス張り替え→養生撤去と掃除で工事終了

目次に戻る

キッチンリフォーム費用は全体で110万円

このリフォーム工事でかかった費用です。

※あくまで参考程度です。実際の見積もりとは違ってくると思いますし、見積もり項目なども各社全然違った名称になっていると思います。

キッチン・内装材解体撤去と処分費8万円

金物・養生費1万円

キッチン一式(キッチンパネル+工事費込み)70万円

給排水管移動(水栓+排水+食洗器)と接続工事(止栓開栓含む) 8万円

都市ガス管移設と接続工事(止栓開栓含む) 4万円

キッチン撤去後壁・天井下地補修2万円

壁+天井クロス8万円

諸経費(キッチン部分除く)9万円

合計110万円(税別)

でした。

目次に戻る

工事費用が増える要因を一部ご紹介します。

今回ご紹介した工事では必要ありませんでしたが、一般的に工事費用が増える要因を列挙しておきたいと思います。

解体・撤去費用

  • マンションなどの物件で撤去したキッチンを地上階まで運ぶ距離が長い
  • キッチンから外までの搬出経路が無く、キッチンを現場で裁断するなどの手間がかかる
  • 敷地のすぐ近くにトラックが止められない
  • これまでの壁がタイル張りだった場合は撤去に手間がかかる

水道・ガス・電気配管(配線)費用

  • 既存配管の老朽化によりやり替えが必要な場合がある
  • 食洗器を新たに導入する場合、給排水管と電気配線を追加する必要がある
  • キッチン位置の変更や形状の変更をする場合、配管を大きく移動させる必要があり、現場の状況によっては工事自体が難しい場合がある
  • コンロの火力元の変更がある(ガス→IH IH→ガス)
  • 床下に入れない場合、配管作業をするために床をはつって工事しなければならず大がかりになる

大工工事費用

  • 湿気で軸組下地が腐っている場合、柱や土台などのやり替えや床下に防湿フィルムを張ったりする対応が出てくるため、大がかりな工事になる
  • コンロ横の壁の中の下地が熱で炭化している場合があり、必要であれば断熱材下地壁を熱に強いものに変えないといけない
  • キッチン位置の変更や形状を変更する場合は床仕上げのやり直し工事が必要

キッチン設備費用

  • 業者によって得意な(安くなる)キッチンブランドが異なるため、選ぶブランドによっては高くつく場合がある(事前に自分が求めるキッチンブランドを指定できれば見積もりがより正確になる)
  • 食洗器などで”ミーレ”など海外製品を採用する場合、キッチンメーカーの取り付けではなく専用の取り付け業者が設置作業を行う場合があり、割り髙になる場合がある

目次に戻る

まとめ

キッチンリフォームでキッチン+クロスのやり替えにかかる概算費用は

だいたい“キッチンの費用+50万円”と考えておいたらよいでしょう。