注文住宅/一坪サイズの玄関では収納力が足りない?結論:意外と収納できます。

飾りスペース付き下駄箱収納量

この記事は主にこれから注文住宅を建てられる方のために、一坪の玄関でどれだけの物が収納できるか解説しています。

玄関は広くて収納はたっぷり欲しい。どうしても玄関が広くできない場合、最悪収納だけでも確保したいですよね。

記事を読むことで一般的な住宅で用意される3.3㎡(一坪)サイズの玄関でどのくらいの収納が確保できるのか、またどんなものが収納できるかがわかります。

一坪サイズの玄関の収納でもお好みに合わせて靴90足やコートやベビーカーなど収納する事はできます。

靴だけを限界まで入れるとブーツ5足含めて90足程度+来客用スリッパも収納可能

玄関の下足箱収納量

 

注文住宅の場合、下駄箱を造作することも多いです。

上から下までめいっぱい靴を収納する事にすると長いブーツなんかも合わせて、およそ90足程度は収納可能です。

棚は可動棚にすることがほとんどですので、収納内容により自在に組み替えができます。

90足入ればほとんど問題ないことが多いので、心配されていたお客様も安心してもらえます。

飾り付けのスペースを設けた場合でも60足程度は収納可能

せっかく注文住宅を建てるのだから、収納量が豊富なだけでなく人を出迎える玄関にしたいですよね。

「90足も収納できなくていいから、季節の飾り物やちょっとした絵とかを飾れるといいな」

という人ならこちらです。

飾りスペース付き下駄箱収納量

 

この絵のように一部収納をやめる代わりに飾り棚を設けて飾り付けができるようなスペースを設けた場合でも、

およそ60足程度、靴を収納することができます。

また棚があると認め印なんかや鍵入れを置いておくことも出来て、結構便利なんです。

余談ですが、造作で下駄箱を作る場合は空間に隙間なく収納を作ることができるので、画像のように下駄箱の下に見せたくないものをそっと忍ばせることも可能です。

ベビーカーやコートも入れたいという人も大丈夫です

玄関は大きくできないけど、ベビーカーやゴルフバックなんかをどうしても収納したい!

という人も大丈夫です。

こちらを参考にしてみてください。

panasonicクロークボックス参照:panasonicサイトhttp://sumai.panasonic.jp/interior/shuno/cloakbox/index.html

 

これは既製品ですが、考え方を造作家具でも応用できます。

まずどんなものを入れるか検討したうえで、

「こんな感じに収納できるように下駄箱を作ってください。」と造作で下足箱を作る場合にも参考になると思います。

1つの塊”ユニット”の幅は80cmで高さは2Mと2.3Mの2種類あります。ユニットを横に2つを組み合わせると、今回紹介した玄関間取りにぴったりとハマりますね。

この”クロークボックス”には内部収納プランとして10種類用意されています。

自分が欲しい用途を選んでみてください。(それぞれの画像左下には収納量の目安も書いていてわかりやすいです。)

panasonicクロークボックスタイプ別収納プラン参照:panasonicサイトhttp://sumai.panasonic.jp/interior/shuno/cloakbox/concept04.html

 

お気に入りの収納が見つかったら、この商品で見積もりするもよし、造作で見積もりするもよし、です。

造作で作る場合は棚を自分で取り外したりコートハンガー用のポールを着脱できるようにしておくと、ライフスタイルの変化で収納するものを変えられて楽しいですね。

あと”クロークボックス”で見積もりをお願いする場合は、脱臭効果を付けるかどうかも金額に影響を与えます。業者に見積もりをする前にどちらにするか決めておいてくださいね。

“クロークボックス”の公式の解説動画がありましたので、こちらもお時間があればご覧ください。

まとめ

今流行りのシューズインクローゼットが作れたら収納的にはいいですけど、建物を総合的に考えて、どうしても空間の確保が難しい・・・

となっても一坪の玄関でも下駄箱を工夫すれば問題なく収納できることがお分かりいただけたと思います。