cad他ソフト

【jwcad(jww)『塗りつぶし(ソリッド)』の使い方動画】設計者が動画で教える基本の操作方法やソリッド図形の特徴についてご紹介します。

jwwソリッド操作方法

ソリッドコマンドは四角と多角形から選ぶことが出来ます。

基本操作から作図スピードの違いまで、動画等でわかりやすく説明

したいと思います。

jwcad(jww)塗りつぶし(ソリッド) 建築設計実務者が教える、イラストや動画でわかる操作方法と描画スピードアップのコツをご紹介

動画でわかる基本操作

ソリッドは『四角』か『多角形』コマンドから選択できます。

四角からソリッドを選択する場合は、その名の通り四角形のソリッドしか

つくれません。

多角形からソリッドを選択する場合は、

色々な図形(〇角形や円形)も描写できます。

多角形の場合は

多角形から任意を押してソリッド図形にチェックを入れて、

建物の場合は外形線を右クリックしていきます。

円形の内側をソリッドで塗りつぶしたい時は

多角形から任意を押してソリッド図形にチェックを入れて円・連続線指示を押して

対象の円を左クリックします。

ただし、この後動画でご紹介しますが、

建築物のように四角がほとんどの図形では

四角形からソリッドをした方が早く描けます。

※単純な四角形でなくても四角形の集合体で描けるものは多角形より早いです。

よって

三角形等四角で描写できない多角形や丸にソリッド描写したい部分だけ

多角形を使うようにした方がよいでしょう

動画で紹介(基本的な使い方)

動画では属性変更をクリックしたあとの画面が表示されていないため、内容を補完します。

色を変えたいソリッドを範囲選択し

属性変更をクリック→指定線色に変更→線属性はそのまま触らずにOKで、

初めに指定したソリッド色に変更されます。

jww.ソリッド色変更jpg

動画で紹介(建物にソリッドを描く場合、四角形と多角形どちらがはやい?)

ちなみに建物の平面図の断面描写のためにソリッドを利用した場合、

四角形と多角形のどちらがはやいか試しました。

結論は四角形のソリッドの方が早かったです。

四角形のソリッドで描写(約1分30秒)
多角形のソリッドで描写(約2分40秒)

※四角で描くとコマ切れで描写することになるのですが、

見た目ではわかりません。

またこの図形をPDFに変換して

イラストレーターで修正しようとすると、

四角形で描いたソリッドは

四角で分割されているのに対して、

多角形で描いた場合は

全て三角形で分割されてるので

多角形のソリッドは修正が難しいです。

jwcad(jww) ソリッド 利用用途

1/100の平面図や断面図の断面表現や立面図の窓ガラスの表現をするときに利用します。

また簡単な表ならJWWで作ってしまうのですが、表作成時に利用することもあります。

リンク

他のコマンドについてもこれまで記事を書いてきました。

お時間ありましたらこちらもよろしくお願いします。

jwcad jwwショートカットキー操作一覧
【便利なjwcad (jww)ショートカットキー一覧】独学者や初心者に役立つ操作方法もご紹介します。私は普段フリーソフトである、 jwcad(jww)を利用して 住宅の建築図面の作図をしています。 この記事は フ...