Jwcad

Jwcad(Jww)をイラストレーター(イラレ/Illustrator)で使いやすく開く方法

Jwcadイラレ変換

Jwcadデータを変換して

イラレ(Illustrator/イラストレーター)で開く場合

  1. JwcadでDXF変換したものをイラレに取り込む
  2. Jwcad図面をPDF変換しイラレに取り込む

2種類がありますが、

断然PDF変換がおススメです。

この記事は

  • JWcadのDXF変換とPDF変換した場合の違いが知りたい
  • PDF変換の方法について詳しく知りたい

方向けの記事になります。

Jwcad(Jww)をイラストレーター(イラレ|Illustrator)で開くにはPDF変換する方が断然いい!

jwcadをイラレillustratorで開いて着色

JWcadは基本白黒図面の作成に向いています。

ただプレゼンということであれば

着色図面を作成したい場合もあり、

イラストレーターをお使いの方であれば

着色はイラストレーター(以降イラレ)

でする方が簡単です。

JWcadのソリッド(塗り潰し)のみで着色図面を描く方法はコチラ

そんな時にJWcadをイラストレーターで

開く必要が出てくるわけですが、

JWcad→DXF化→イラレ

という方法をしている方は

JWcad→PDF化→イラレ

に変えた方が良いです。

jwcadをillustratorで開く

JwcadをDXF変換すると文字化けが多く編集が大変

たとえばこちらの図面をDXF化してイラレに持っていきます。

jwcadをdxfにしてイラレで開く

JWcad→DXF化→イラレで開くと

  1. レイヤーがややこしい(JW上の設定をそのまま持ってくる)
  2. 文字化け
  3. 線色がややこしい(JW上の設定をそのまま持ってくる)

不具合が出るため、

イラレ側での修正手間が結構必要です。

JwcadをPDF化すると後の編集作業が非常に簡単!

一方

先ほどのJWの図面をPDF化してイラレに持っていきます。

すると・・・

jwcadをpdfにしてイラレで開く

JWcad→PDF化→イラレで開くと

  1. レイヤーが一つにまとまる(JW側の設定関係なし)
  2. 文字化け無し
  3. 線色が白黒のみにできる(JW側の設定関係なし)

と後のイラレ側での操作が非常に簡単になるので、

こちらの方法にした方が断然おススメです!

JwcadデータをPDF化するには

専用ソフトが別途必要になります。

しかし心配ありません。

非常に優秀な無料ソフト

あります。

JwcadをPDF化するための無料専用ソフト

JwcadデータをPDF化できるソフトは

色々あるのですが、

その中でも私が愛用しているソフトは

“PDF reDirect”というソフトです。

コチラからダウンロードできます。

PDF化を知ると作業効率が大きく変わってきます。

是非一度お試しください。