1坪の洗面室のレイアウトと収納方法をご紹介します。

洗面タオル肌着収納方法4浴室ドアずらし

この記事では

3Dモデルと図面を使って

よくある1坪(芯々1.82m×1.82m)の

洗面脱衣室のレイアウトと

タオルや下着などの

収納場所を確保する方法

をわかりやすくご紹介します。

  • 今お住いの洗面室のレイアウトと収納方法を探している方
  • 今新居の設計段階で1坪の洗面室にどう収納しようか考えている方

にお役に立てる内容になっています。

1坪の洗面脱衣室レイアウトと各種収納方法をご紹介します。

私は普段注文住宅の設計をしていますが、

一般的に芯々1.82m×1.82m、

つまり1坪で

洗面脱衣室を設けることが多いです。

できれば2.275m×1.82mは欲しいところ・・・

しかし、

最近はたとえコンパクトなおウチでも

水回りはゆったりとしたいという

お客様が増えています。

 

特にタオル、肌着などを収納したい

という声は多いため、

できるだけ洗面脱衣室は

少し広くとるようにしています。

  • 2.275m×1.82m
  • 2.73m×1.82m

も多いです。

45cm広いだけで

簡単に収納できたり、

広さの感覚も全然変わってきます。

 

しかし

どうしても1坪で納めないと

いけない場合もあるので

一坪洗面室にあれこれ考えながら

収納を確保してきた方法を

今回まとめてご紹介していきます。

洗面室の間取りを仮定

“1坪の洗面脱衣室”といっても

間取りや窓の位置などの条件は様々です。

 

そこで今回は下記のような

間取り、窓の位置の場合に可能な

収納方法で考えていきます。

洗面脱衣タオル収納計画

この間取りに対する収納方法を

これから6つ紹介しますが

記事の下にいくほど、

大掛かりになっていきます。

入居後でも洗面収納が追加できる方法3点

まずは既に入居後でも

洗面収納を追加できる3つの方法

をご紹介していきます。

洗面タオル・肌着収納方法1/隙間を利用する

洗面タオル肌着収納方法1/隙間を使う

すでに入居後でも

工事をせずに出来る、

一番お手軽な方法が

隙間収納アイテムを使う方法です。

幅、収納方法ともに

様々な商品が開発されていますので、

お家の隙間に

ぴったりフィットする

商品が見つかるはずです。

今回紹介したアイテムは

  • 収納量が多い
  • 3方向から取り出せて使いやすい
  • 見た目がちゃんとしてる

という点でおススメできます。

洗面タオル・肌着収納方法2/洗濯機上部に収納アイテム

洗面タオル肌着収納方法2洗濯機の上を利用する

今回の平面計画だと

洗濯機の上には窓があり、

十分なスペースがあります。

せっかく使えるこの空間に

収納アイテムを設置するのも手です。

今回のプランの場合、

窓を隠してしまう点が少し残念ですが・・・

 

この手のアイテムも

たくさんあります。

スチール製のものだと

すっきりとした印象なので

圧迫感も少ないです。

縦型洗濯機を利用されている方は

洗濯物の出し入れに干渉しないか

予めサイズを確認しておきましょう。

洗面タオル・肌着収納方法3/棚を取り付ける

洗面タオル肌着収納方法3棚を取り付ける

同じく洗濯機の上に

収納を設けますが、

コチラは棚を(DIYで)

取り付ける方法です。

ラックを利用するよりも

すっきりと納めることができます。

棚受け金物は

シルバーの他白、黒、真鍮など

色々なテイストのものがあります。

棚受け金物が付く場所に下地

が必要です。

磁石や下地確認アイテムを利用して

下地を見つけてください。

新築時の設計段階から取り入れたい収納方法3点

続いて

新築やリフォームの設計時に計画

することで

可能になる収納計画3点

をご紹介していきます。

 

※当然ですがコチラの方が

スッキリと収納でき、

しかも収納量も多いです。

洗面タオル・肌着収納方法4/浴室のドアをずらす

洗面タオル肌着収納方法4浴室ドアずらし

ユニットバスによっては

扉の位置を内側に20cmから30cmずらす

事が可能です。

 

扉と壁の間のその余白に造作棚を作ります。

壁一面の収納をつくれば、

色々なものをしまう事ができます。

興味がある方は

こういった計画ができるかどうか

事前に設計者に聞いておきましょう。

ドラム式洗濯機の場合、

通路部分がかなり狭くなります。

事前にシミュレーションしておきましょう。

洗面タオル・肌着収納方法5/壁厚を利用する

洗面タオル肌着収納方法5壁厚利用

お家の中の壁は主に2種類に分かれます。

  • 構造壁
  • 間仕切り壁(非構造壁)

このうち間仕切り壁の方であれば

薄くすることが可能ですので、

薄くして稼いだ空間を

収納にするのが今回の方法です。

 

壁を薄くしただけだと

奥行きが足りないので

棚の部分だけ少し出っ張らせて

奥行きを確保します。

設計計画に大きく関連してきますので、

早めに設計者に確認しましょう。

洗面タオル・肌着収納方法6/ドアずらし+壁厚併用

洗面タオル肌着収納方法6壁厚と浴室ドアずらし併用

先ほどのアイデア2つを併用

することもできます。

こうすることで、

  • より深く
  • よりスッキリとした

収納が可能になります。

 

洗面の出入り方法によっては

画像のようなプランも可能です。

ここまで収納を増やすと

洗面関係以外の収納も楽にできます。

この収納計画も

設計者の協力無しには

作ることができませんので

打ち合わせを重ねてください。

 

このように色々と

収納する方法はありますので

一度検討してみてください!