オイルステインより簡単で色移り無し!ウッドデッキのメンテナンスには水性撥水塗料【サーファポア】がおすすめです。

木部用撥水材サーファポアW

ウッドデッキの防水塗装方法と聞くと

皆さんは何を思い浮かべますか?

ペンキ?オイルステイン?ワックス?ニス?

色々とありますよね。

そんな中私がお施主様にお勧めするために

お試しで購入した水性撥水塗料

その名も【サーファポアW】

すごく塗りやすくて、

効果もはっきりと出たので

色々なお客様にお勧めしています。

オイルステインより簡単!ウッドデッキの防水には木用撥水剤【サーファポアW】をおすすめします。

ウッドデッキがあると楽しい

私は自分の家に

10㎡を超える比較的多きなウッドデッキを

設計しました。

デッキ材料には

米杉(ウェスタンレッドシダー)という

比較的柔らかめの本物の木材を使いました。

理由は

子供たちが

裸足で駆けまわったりできたら良いなと

思ったからです。

あと座る時にもデッキ材が

比較的柔らかめなのでしんどくありません。

また米杉はデッキ材の中でも

安価な方なのでそれも嬉しいですね。

本物の木を使ったデッキは定期的なメンテナンスが必要

そんな感じで

楽しく利用できているのですが、

やっぱり本物の木のウッドデッキを作ると、

定期的なメンテナンスが欠かせません。

ですので我が家は

1年に1回ウッドデッキにオイルステインで塗装をしています。

オイルステインの特徴について

ここでオイルステインの特徴を上げておきます。

オイルステインの特徴

良い点

  • 木目を残した自然な風合いな仕上がりが得られる
  • 木自体の吸放湿を妨げないので内部が知らない間に腐っていた、ということが少ない
  • 特別な腕が無くてもそれなりに上手に濡れる

悪い点

  • 防水性は低いため、比較的こまめに塗装が必要
  • 塗装時に服に付着しないよう注意が必要。付いたらなかなかとれない
  • どれだけ乾いていてもこすれるとすぐに色移りする
  • 染み込ませて着色するが、実は表面しか染み込んでいないため、こすれるとすぐデッキの色がはげる

良い点としてはなんといっても

木目を残した自然な風合いを

残したままにできる、

というのが良いところですね。

我が家ではこげ茶色の塗装をしていますが、

木目が残っているため

随分と高級感があるように感じられます。

塗装道具も簡単に手に入り、塗るのも比較的簡単

塗装道具も簡単に手に入ります。

100均のハケとウェス(雑巾)と使い捨ての手袋を使い、

1、ハケでざっと伸ばして

2、ウェスで余分な塗料をふき取る。

これだけで感じの良い仕上がりになるのも良いです。

ここが残念だよ、オイルステイン

そんな感じで私が頑張って塗ったデッキに出て、

楽しそうに遊ぶ子供たちを見ていると

微笑ましく思えるのですが、

寝転がったりされると結構ドキッとします。

実はオイルステインは

布でこすれば簡単に色移りするんです。

濡れていようが乾いていようが関係ありません。

しかも油なわけですから

服なんぞに一度ついたらなかなか落ちません。

またオイルステインは

木材に染み込ませて塗装するのですが、

実は1mmも満たない程度しか

染み込ませることができません。

そのため、

少しこすれただけで簡単に色がはげるんです。

そんなわけで、

塗装したデッキを素足で歩くと

実は知らずに足の裏が汚れていることもあるので、

デッキの出入りの際に注意が必要なんです。

気軽に使うには無塗装が安心、でも・・・

これまでは、

それが嫌な方には上履きを履いていただくか、

無塗装をすすめていました。

でも米杉のような柔らかめの木だと

どうしても耐久性に劣るため

5~6年で全てデッキ材を交換くらいの覚悟が必要です。

一方ハードウッドと呼ばれる木や

樹脂系デッキであれば耐久性の面では心配なくなります。

ウリンやイペのようなハードウッド、

木の粉と樹脂を混ぜて成型した樹脂デッキは

無塗装で30年以上もつといわれていますので

安心ですね。

ただ、材料が高くて

どうしても初期投資の金額が高くなることと、

材料が硬すぎたり、

表面がざらざらしていたりと、

素足で歩いたり座ったりするには向いていないです。

どうにか柔らかい木の上で

何も考えず素足で歩いたり座ったりできて、

それでいて

木材の耐久性を高めることができないか・・・

そんなお客様の声に応えるべく

商品を求めて色々試してみた結果、

良い商品がありました!

それが

ナノフォス社のサーファポアシリーズのサーファポアWです。

サーファポアWの特徴を紹介します。

まずサーファポアWの特徴を書いていきます。

サーファポアWの特徴

  1. 透明な水性塗料のため、塗装も簡単で塗り終わった後の後片付けも簡単ですし、においもほとんどありません。
  2. 塗ったあとがわからないくらい自然な塗装感で、まるで無塗装のような自然な仕上がりになります。
  3. 透明なのに耐候性が高く、外部の使用にもうってつけです。
  4. 水は弾くが空気は通す、便利な特性がナノテクノロジーによって可能になっています。
  5. 5年以上たっても効果が持続するそうです。(私自身のこの目では確認できていません)

特徴を順にご説明していきます。

1、透明な水性塗料でにおいが少ない

オイルステインは油性塗料のため、

塗装が簡単といっても

ウェスでのふき取りなどをしないといけません。

また塗り終わりのハケの手入れは

シンナーや専用液で丁寧に汚れを落とさないと

ハケが固まり、

2度と使うことはできません。

また中には強い臭いがして、

室内で使うには躊躇するものもあります。

しかし、

サーファポアWは水性のため

ハケで塗るだけで大丈夫です。

また後片付けも水で洗えばよいので

物凄く楽です。

臭いもほとんどないので室内でも使えます。

2、無塗装のような自然な塗装感

自分がどこまで塗ったのか、

注意しておかないとわからないくらい

塗った後も自然な仕上がりになります。

またこの商品は、

塗ってから1日ほど自然に乾かすと

撥水効果が出る商品です。

ですので例えば不意にどこかにこぼしてしまったり、

範囲を超えて塗りすぎた場合

すぐにふき取れば問題ないため

養生をあまり気にしなくてよい

というのもうれしいポイントでした。

3、透明なのに耐候性が高い

透明なだけであれば

オイルステインにもありますが、

一部の商品を除いて

透明なものは対候性に弱いものがほとんどで

外部では使用できないものも多いです。

サーファポアWは

ナノ粒子が紫外線を遮り

木材の変色を遅くしてくれます。

4、水は弾くが、空気は通すという特性

ニスやペンキのように

塗膜を作ることがないので、

万が一水が入りこんでも

外部に放出できるため、

木の寿命は長くなります。

5年以上再塗装せずとも効果が続く

5年以上経過したものを

まだ見ていないのでわかりませんが、

少なくても1年間は効果があった事は

この目で確認しています。

非常に塗りやすいので

塗りなおし頻度を多くしても負担にはならないとも思います。

塗装の様子や施工あとの様子を画像でご紹介します。

ここからは

実際に無塗装の合板に使用した様子を

画像などでご紹介していきたいと思います。

1、材料を準備する

塗装材料といってもハケ容器くらいです。

水性のためハケも容器もモノを選ばないのが良いです。

塗装前の合板の様子塗装前の合板の様子
木部用撥水材サーファポアWを準備必要なのはハケと容器くらいです。

 

木部用撥水材サーファポアWの様子水のようにさらっとした液体です。

 

2、塗る

ハケにつけて塗るだけ。塗りムラなども心配ないため非常に楽です。

木部用撥水材サーファポアWを塗布直後の様子塗った直後の様子

 

3、乾かす

丸1日かけて乾かします。

※雨には特にご注意ください。

完全に乾く前に水に濡れると効果がなくなります。

1日経った後の様子1日経った後の様子

※板を塗装前とは逆向きで載せていました。

左が塗装済で、右が未塗装です。ややこしくてすみません・・・

色は少し濡れ色になったくらいで

ほとんど目立ちません。

オイルステインと違い、触り心地も変わりません。

塗装後の撥水の様子を動画でご紹介

撥水状態を動画でとってみました。

※もう一度繰り返します。

動画の中の合板は右側が無塗装、

左側が塗装済となっています。

ややこしくて申し訳ありません。

動画をご覧いただくとおわかりになるように、

未塗装の部分は

水に濡れて色が濃くなっているのに対し、

塗装済の部分は

水をかけても中に染み込まないため

水にぬらした後は色の濃さが反転していることがわかります。

この後合板をタオルでさっと一拭きすると、

撥水効果がさらにはっきりと確認できます!

木部用撥水材サーファポアWを塗布後タオルで一拭きしたあとの様子タオルで一拭きしたあとの様子

 

まとめ

本当に塗装するのが楽になりました。

もし、

デッキで色移りを心配することなく

裸足で走り回ったり、

寝転んでみたりしたい方は

こちらの商品をお試しください。


撥水剤 サーファポアW 1L Surfa Pore W ナノフォス

※なお、こちらの商品ペンキやニスと

一緒に利用することもできるそうですが、

順番的にはサーファポアW→ペンキ又はニスの順番です。

私のように

すでにオイルステインを塗られている方は

一度オイルステイン部分を削り落としてからの使用が

一番良いのだと思いますが、

私はオイルステインの色も気に入っているので、

ダメもとでオイルステイン上から塗っています。

正直オイルステインが効いて水を弾いているのか、

サーファポアWが効いて水を弾いているのかは不明ですが、

水は弾いています。

オイルステインの上に木部用撥水材サーファポアWを塗ってみました。オイルステインの上にサーファポアWを塗ってみました。

 

木部用撥水材サーファポアWを塗布後1年経った様子1年経った様子です。