【NTドレッサー/大荒目L-730P】木を使ったDIYや木柱やウッドデッキのメンテナンスにおすすめのヤスリです!

木材削れるヤスリNTドレッサーL-730P

ヤスリは木材を使ったDIYやメンテナンスに欠かせません。

使用用途は

  1. 表面の汚れ、塗装部分を削る
  2. 表面をツルツルにする
  3. 角に丸みをつける(面取り)

と様々です。

このうち、

①と②は紙ヤスリが、

③は鉄ヤスリが適しています。

そんな中、

①『表面の汚れ、塗装部分を削る』と

③『角に丸みをつける』

を行う時に、

紙やすりや鉄やすりよりも

抜群の威力を発揮するのがコチラ

ウッドデッキ他木材のメンテナンスから棚板の面取りまで、

1つ持っているだけで、とても便利なヤスリをご紹介します!

【NTドレッサー/大荒目L-730P】木を削る場合の使用の流れがわかる施工写真をお見せします。

NTドレッサーは金属ヤスリに分類されますが、

紙ヤスリと同じように平面を削るときにも利用できます。

これは持ち手がついているので本当に使いやすいですね。

まさに、

木工からアルミの仕上げまで、ヤスリの強さとサンドペーパーの細やかさを兼ねた目づまりしにくい研磨具。 NTcutterホームページより引用

なんです。

その中でも今回使用した

【NTドレッサー/大荒目L-730P】は

その名の通り、ざっくり深く削れるのが特徴です。

以下自宅でこちらを使用して木部をメンテナンスした時の

使用感のレビューをしたいと思います。

【NTドレッサー/大荒目L-730P】で木柱の汚れを削る

今回メンテナンスした木柱は2本です。

木柱の材種はヒノキなので

塗装はしていたとはいえ、

本来は明るい黄色です。

それが5年ほど経過し、

汚れやアクで、どんどん色が黒ずんできました。

色をもう一度塗装するつもりですが、

今の状態で塗装しても

いいことにはなりません。

そこでさっそく2本の木柱を削ってみました。

NTドレッサー大荒目L-730P使用方法

 

柱2本で10分程度で済んだので早かったです。

ただし、このままでは表面が粗いので

このあと電動サンダーで平滑にします。

電動サンダーを最初から使わないのは

『木材の凸凹で、削れない部分が出てきてムラができる』

『目詰まりする→すぐに新しいヤスリに交換しないといけない』

という過去の経験があったからです。

何よりNTドレッサーで先に削っておくと、

電動サンダーを掛けるのが本当に楽になります。

施工後

削り終わった写真がこちらです。

NTドレッサー/大荒目L-730P木柱施工後

ヒノキらしい色に戻りました。

 

 

 

 

 

 

最後に塗装をして完了です。

新築時の質感がよみがえりました。

【NTドレッサー/大荒目L-730P】で木板の面取りをする

次に木材の角に丸みをつける「面取り」です。

NTドレッサー大荒目L-730P面取り方法

 

こちらもわずか10秒足らずでここまで削れました。

持手がついているので、大きな曲面に削るのも簡単だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

これだけ使いやすい道具なのに、

価格は抑えめで本当に非の付け所がありません。

この大荒目なら、紙やすりでは難しい

木材の厚みを1~2mm程度薄く

するのも簡単にできそうなので、今度試したいと思います。

今回は『大荒目』に特化したご紹介でしたが、

この商品の他にも、

もう少し目の細かいヤスリや

もっと細かい部分を削るためのヤスリなど、

様々なラインナップがあります。

いずれも、

目詰まりの心配が少なく、耐久性も高いですし、

もちろん替え刃も用意されているので、

揃えておいて損はないと思います。

created by Rinker
エヌティー(NT)
¥498 (2019/07/16 17:40:54時点 Amazon調べ-詳細)