jwcad『四角』の使い方/ソリッドなどの便利な使い方まとめ

jww jwcad 使い方 四角

四角の使用頻度はそれほど高くはありませんが、

躯体の断面をソリッドとして描くことが多いです。

スポンサーリンク
目次

Jwcad/ 基本的な『四角』の使い方からソリッドなどの応用までイラストや動画でわかりやすく解説します。

 

jww Jwcad 使い方 四角

基本操作

ショートカットキーは『B』です。

基本の使い方は

寸法に数値を入力して配置するか、

数値を入力することなく

自由な大きさを描くかのどちらかです。

私が良く使うのはソリッドです。

ソリッドの色を変更する場合、

先にソリッド色を変更しておき

そのあとで属性変更→指定線色に

変更を押すと変更できます。

操作方法を動画で紹介

Jwcad(jww) 四角 利用用途

家具や設備の外形や断面図の断面表記(ソリッド図形)に利用しています。

リンク

その他コマンドの便利技については

こちらでご紹介しています。

https://halu-ie.com/effective-use-of-jwcad/

また今回ご紹介した

効率的なコマンド使用も利用した

作図スピードアップ法があります。

それらの詳しい方法のご紹介と

実際に1/100の平面図を作図した様子を

記事にしました。

是非ご覧ください!

https://halu-ie.com/jwcad-speed-up-your-drafting/

またショートカットキーを覚えたい方は

コチラもよろしくお願いします。

https://halu-ie.com/jww-cad-short-cut/

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる