jwwにjpg画像貼付けが簡単にできる”Susie”(無料)が凄い!/jwcad画像挿入・編集・埋め込み方法

jwcadsusieを使ったjpg画像の貼り付け方

通常Jwcadに画像を読み込める形式は

“bmp”しかできませんが、

無料プラグイン”Susie”を

ダウンロード&インストールすることで

“jpg””gif”をはじめとする画像をJwcadに

貼り付けることができるようになります。

今回はSusieの

ダウンロードから

ファイルの置き場所、使い方まで

画像を用いながら、

わかりやすくご紹介していきます。

スポンサーリンク
目次

jww(JWCAD)にjpg,gif画像を簡単貼付け!無料ソフト”Susie”の使い方と貼った画像の編集・埋め込み方法までしっかりご紹介します。

画像が読み込めるようになると、

航空写真をキャプションして敷地のトレース

ができたり、

簡単なプレゼンシートがJwcadだけで

つくれるようになる

ため、

ぜひとも使い方を覚えておきたいところです。

Jwcadで

jpg,gif画像が貼り付け

できるようになるまでの

手順は以下の通りです。

  1. Susie(他プラグイン2種)を公式サイトからダウンロードする
  2. ダウンロードした3つのファイルを解凍しJwcadのフォルダに置く
  3. Jwcadを開き”文読”からjpg等画像を貼り付ける

早速始めましょう。

1、Susieをダウンロードする

参照:https://www.digitalpad.co.jp/~takechin/download.html

まずは

公式サイトにいき、ソフトをダウンロードします。

※ファイルは3つともダウンロードしてください。

結構前に更新が止まっていますが、

私のPCはWindows10の64ビットですが、

特に問題なく動いてくれています。

2020/04/17時点で3つのファイルが置かれています。

2、ダウンロードしたファイルを解凍してJwcadのフォルダに置く

ダウンロードしたデータは

“lzh”や”Zip”という圧縮フォルダになっていますので、

Lhasaなど解凍ソフトを使って解凍します。

そして解凍した3つのフォルダを

Jwwのフォルダにドラッグ&ドロップします。

susiejpggif開けない

Susieファイルの置き場所(Jwcadファイルの場所)がわからないとき

通常は上の画像のように

windows(C)→jww

にあると思いますが、

見当たらない場合は

デスクトップにある

『Jwwのショートカットアイコン』上で

右クリックして”ファイルの場所を開く”

でたどり着けます。

以前、「Susieを入れたのにjpgやgifが選べない」

という人がいたのですが、

その人は3つの内の1つしかインストールしていませんでした。

3つともダウンロード&インストールしてください。

また、フォルダごと入れるのではなく中身だけ入れて下さい。

3、Jwcadを開き”文読”から画像を選んで貼り付け(完了)

jwcadjpg貼り付けsusieの使い方

Jwcadを開き

“文字”をクリック又はキーボードの”A”

を押します。

画面上に”文読”が出てくるので左クリック

別ウィンドウが開くので、

ファイル形式のタブをクリックし

貼り付けたい画像形式(jpgなど)を選択します。

最後に画像を選択して

画面上で左クリックで完成です。

ここでjpgやgifなどが選択肢として出てこない方は

これまでの1、2の手順が

きちんとできていないかもしれません。

今一度ご確認をお願いします。

又は一度Jwを閉じてもう一度開いてみてください。

(PC環境のせいでどうしようもない方もいるかも

しれませんが・・・)

貼り付けた画像の編集方法

貼り付けた画像は

サイズの変更・トリミング・埋め込みなど

の操作が可能です。

貼り付けた画像を拡大・縮小するのも簡単

貼り付けた画像の下の方を範囲選択(左⇒右クリック)

すると左下に文字列を選択することができます。

jww貼り付け画像拡大縮小

文字列が選択できた状態にすると、

図形と同様”移動(M)”⇒”倍率”などで拡大縮小が可能です。

その他画像編集は”画像編集”コマンドを使う

jww貼り付け画像編集

ここから後の編集方法は

画像編集コマンドを利用していきます。

画像を選択し、”編集”から”画像編集”をクリックしておきます。

貼り付けた画像の一部を”切り抜き(トリミング)”する方法

jww貼り付け画像切り抜きトリミング

貼り付けた画像の一部を

“トリミング”することも可能です。

ただしトリミングといっても

画像そのものを切ってしまうのではなく

見えなくするだけなので、

元データには影響がなく、

元に戻すことも可能です。

トリミングした画像を戻すには

“トリミング”チェックボックス右側の

“トリミング解除”にチェックした後で

対象の画像をクリックしてください。

画像付きjwwデータを渡す場合は”画像同梱”を利用する

通常そのままにしておくと、

画像はリンク参照の状態で、

画像ファイルを移動すると、

jww上に表示されなくなります。

画像データを移す場合、

又は、

別の人に画像付きjwwデータを渡したいときは

画像データを選択後、

編集⇒画像編集から”画像同梱”

をクリックしてください。

これで別の人でも見られます。

※また一度同梱したものを”画像分離”で

はがずことも可能です。

この場合、開いているjwwデータと

同じ階層に画像データの含まれた

新しいフォルダーが作成されます。

そのため画像の整理・移動にも使えて

便利です。

Jwcad上で画像を印刷するときは”カラー印刷”でなくても良い

jwcadで画像を含んだ印刷

ちなみに作図線と画像を印刷する場合、

“カラー印刷”を押さずに印刷しても

画像部分はカラーで印刷されます。

(私のPCではそうなります。)

そうすると作図線は白黒のままなので、

簡易なプレゼンシートとしても利用可能ですし、

私の場合はPDFに変換出力して、

イラストレーターで図面に着色したりします。

私はこれまでもJwcadで使える

便利な無料プラグインのご紹介や

CAD作図の時間短縮につながる記事を書いてきました。

そちらもぜひご覧ください。

https://halu-ie.com/jwcad-jww-excel-word-change-pdf/

https://halu-ie.com/pdf-to-jww/

https://halu-ie.com/jwcad-speed-up-your-drafting/

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次