フローリング張替えを検討の方に!仕上りを事前に確認できる無料アプリ”Panasonic Flooring AR”を使ってみたら凄かった。

panasonic Flooring AR4

この記事はカタログをみて新築のフローリングを何にするかを検討している人、リフォームで床材の張替を検討している人に特にお役にたつ、無料アプリの紹介です。

先日パナソニックの方との雑談で聞いて興味があった、フローリング色柄が見れるアプリ”Flooring AR”を実際に使ってみた結果、

カタログでフローリングを選ぶより100倍わかりやすいということが判明しました。

フローリングの張替え後の様子がアプリで見れる!Panasonic Flooring ARの操作手順をご紹介します。

さっそく操作手順をご紹介していきます。

1、スマホアプリ”Panasonic Flooring AR”のダウンロード+PanasonicサイトよりPDFダウンロードし、A4で印刷

 

 

 

 

 

初めにすることはスマホアプリのダウンロードです。アンドロイド版はgoogleplay、ios版はApp storeと、どちらも対応しています。

次にARマーカーになる紙を1枚印刷する必要があります。パナソニックサイト

http://sumai.panasonic.jp/interior/floor/ar/

に行き、サイトの中ほどにある3つのPDFのどれでもよいので1枚だけ用紙をダウンロードして、そのあとA4用紙に印刷します。

2、アプリを起動させて先ほど印刷した紙を映す

 

 

 

 

 

さっそくアプリを起動させましょう。上記画像が出てきますので、突き板のフローリングにするか、シートのフローリングにするかを選択します。

そして先ほど印刷した紙は垂直の壁に立てかけてください。(操作方法は印刷したA4の用紙にも書いてあります)

 

 

 

 

 

スマホのカメラで印刷した紙を映すと自分の家の床にフローリングが映ります。このあとカメラを印刷した紙にむけたまま2Mから3Mほど離れてください。

そしてスマホ画面上で指を上下にスライドさせるとフローリングの長さが変わります。左右にスライドさせることでフローリングの幅も変わります。

3、色や柄を変更する

映っているフローリングの色や柄を変更するにはスマホ画面下部のサムネイル画面をタッチします。

 

 

 

 

 

すると色や柄がすぐに変更されます。

4、お気に入りの画像を保存(完了)→見積もりを依頼

AR技術を用いているので正面からではなく、少し斜めになっても画像がついてきてくれます。少し斜めにすることで、より雰囲気が伝わってきます。

 

 

 

 

 

お気に入りのものが見つかったらスマホ画面右上の丸ボタンをタップします。すると画面下に商品の名前や小売り価格が出てきます。同時に画像をスマホ内に保存できました。スマホ内に画像が入っていることを確認してください。

 

 

 

 

 

保存したデータをハウスメーカーや工務店に送るか、床材の名前を伝えてさっそく見積もりをしてもらいましょう!

なおPanasonicがYoutubeにわかりやすい動画をアップロードしていましたのでこちらもご覧ください。