一級建築士製図

令和2年(2020年)の一級建築士製図試験の『高齢者介護施設』設計に役立つ情報まとめ

令和2年一級建築士製図試験高齢者介護施設情報まとめ

令和2年は『高齢者介護施設』になりました。

いつもなら早い段階で

実例を見学に行く方も多く、

昨年は私も

美術館分館の類似施設に足を運び

情報を届けることができましたが、

今年はただでさえ

配慮の必要な高齢者居住施設とコロナの影響が相まって

ほぼ見学できない状況になっています。

正直試験は設計のコツがわかっている方であれば、

「どんなお題目でもやることは変わらない。

基本を押さえたうえでお題目に即した味付けをするだけ。」

ということがわかっており、

現場に行かずとも合格できることが

理解できると思いますが、

初年度の方は特に

何か資料がないと設計へのイメージが湧きにくい

と不安を覚える方も多いと思います。

またネットやSNSでは

様々なお役立ち情報が流れていますが、

毎日製図試験の勉強で、探し回っている時間はない

と思います。

 

そこでこの記事では

私が『設計に役立つ情報だっ!』

と思ったものを収集して

その都度ご紹介していこうと思います。

無駄に時間のかかる資料集めを私がすることで、

製図受験される方が学習に専念できるように

なれば幸いです。

 

ちなみに下の動画が一番わかりやすいと思いました。

『高齢者介護施設』とは?が分かる動画

“高齢者介護施設”という文言を見て

私が感じたのが

「そもそも高齢者介護施設ってどれ?」

ということでした。

ですが、下記の動画を拝見して良くわかりましたので

リンクを貼っておきます。

 

高齢者介護施設の設計に必要な『バリアフリー法』が抑えられる記事

昨年の合否傾向として

特にポイントが高かったのが『法令遵守』でした。

設計の良し悪しはもちろんですが、

「本当に建てられる建物を設計しているか?」

が重要だったと思います。

詳しくはコチラ

今年も同様の考え方で行くと、

まず初めに押さえたいのが、

バリアフリー法です。

これが守られていなければ

一発アウトも十分考えられます。

わかりやすい資料が国土交通省のサイトにありました。

https://www.mlit.go.jp/common/001179655.pdf

ページ数169Pという非常に重厚な内容になっています(笑)が

イラストや写真も多く、

下手な参考書を読むよりわかりやすいです。

なにより国土交通省が掲載しているとあって

安心感が段違いです。

まだご覧になっていない方はぜひチェックしてください。

高齢者介護施設実例紹介と設計のポイントが学べるサービス

私は製図試験学習で

ウラ指導さんを利用していましたが、

そのウラ指導さんが

リーズナブルな価格で

高齢者介護施設のポイントについて学習できるサービスを

開始しています。

http://blog.livedoor.jp/ura410/archives/53435907.html

ダイジェスト版は無料で閲覧できるので、

雰囲気を見てから購入(1か月のレンタル?)することができます。

1か月の視聴ができて、5500円と非常に格安です。

ダイジェスト版を拝見しましたが、

ウラ指導さんらしく、ただ単なる実例紹介ではなく

エスキスのポイント他設計の注意点も紹介されているので

試験に直結した内容が学習できるのがありがたいですね!

参考施設をネットで視る

冒頭でもお話しした通り、

今年は実例見学が難しいので、

試験の参考になりそうな規模感の建物で

施設の間取りやインドアビューが公開されている

サイトをピックアップしておきます。

間取り図があるサイト

RC4階建(案内マップは3Fまで) 建築面積1,720.10㎡/延べ床面積3,629㎡

http://www.mine-city-hosp.jp/green/p2-shisetu/p2-3heimenzu/index.html

RC3階建 建築面積不明/延べ床面積3,931㎡

http://www.aiwanosato.jp/info/info.html

RC6階建 建築面積不明/延べ床面積3,877㎡

http://seishou.biz/imari/

S造5階建 建築面積不明/延べ床面積3,009㎡

http://www.charitie.or.jp/company/

インドアビュー(館内ストリートビュー)対応のサイト

RC4階建て 建築面積不明/延べ床面積2881.70㎡

https://www.care-net.co.jp/facility

 

これから情報を発見次第追加していこうと思います。

試験勉強頑張ってください!